(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

自己破産するとバイクは失う?バイクを残す方法は?

司法書士とパラリーガル

「自己破産するとバイクは失うの?」
「自己破産でバイクを残す方法は?」

自己破産すると借金の支払いをチャラにしてもらえますが、持ち家や車といった財産を失うデメリットもあります。

そのため、特定の財産を失いたくないという理由で、自己破産しようかどうか迷われる場合もあるでしょう。その一例が、バイクです。

通勤でバイクがどうしても必要な方はもちろん、バイクが好きで「絶対に手放したくない!」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、自己破産するとバイクはどうなるのかについてと、自己破産後もバイクを残す方法があるのか紹介しますので、バイクを持っている方で自己破産を検討されている方は参考にしてみてください。

自己破産の概要と失う財産

自己破産で処分対象になる財産がどんなものなのか気になると思いますので、解説します。

自己破産とは

自己破産とは、申立人が持つ財産を処分してカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に配当する手続である「破産」と、裁判所に支払い不能状態であると認められることで借金の支払いを免除してもらえる「免責」という2つの手続を行う債務整理(借金問題を法的に解決するために国が作った制度)になります。

つまり、自己破産とは「財産を失う代わりに裁判所に借金の免除を認めてもらう債務整理」といえるでしょう。

自己破産で失う財産

自己破産すると、以下の財産が処分対象になります。

  • 99万円以上の現金
  • 20万円以上の価値ある財産

上記に該当する財産は、裁判所に没収され換価(お金に換えること)することで、カード会社に配当されることになります。

ただし、自己破産ですべての財産を失うのかというと、そうではありません。

なぜならば、自己破産には「自由財産」と呼ばれる、自己破産した後も保有が許される財産があるからです。

なお、自由財産に該当するものとしては、

  • 新得財産(しんとくざいさん):自己破産の手続き開始後に取得した財産
  • 99万円以下の現金(預金は非対象)
  • 差押禁止財産:差し押さえが禁止されている生活に必要な最低限の家具や家電など

などが挙げられます。

つまり、わかりやすく言えば、自由財産は「自己破産しても手放す必要がない財産」といえるでしょう。

さらに、自由財産でない財産に関しても、裁判所に「自由財産の拡張」を認めてもらうことで、自己破産後も手元に残せる場合があります。

自由財産の拡張が認めてもらえれば、99万円までの財産を持つことができるわけです。

ただし、あくまでも裁判所側の判断に委ねられますので、絶対に自由財産が認めてもらえるわけではありません。

自己破産するとバイクを失うのか?

自己破産するとバイクはどのような扱いになるのか説明します。

自動車ローン返済中のバイク

自動車ローン返済中のバイクは、手元に残すことが難しいでしょう。

なぜなら、自動車ローンを組むときの契約書の中には、ほとんどの場合「所有権留保」という条項があるからです。

所有権留保とは、ローンなどの売買契約において、支払いの最中は対象物の所有権が売り主に残るというルールで、この場合バイクがそれに該当します。

つまり、自動車ローンの返済中は、そのバイクの所有権がディーラーやローン会社のものになるというわけです。

したがって、あなたが自動車ローンを返済できない状態になった場合は、自己破産の手続に関係なく、ディーラーやローン会社によってバイクは引き上げられてしまうでしょう。

自動車ローンの残りを返済するとどうなる?

所有権留保の条項では、ローンさえ完済すればバイクの所有権は購入者のものになります。

したがって、「バイクのローンだけ一括返済すればOKじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、結論から言うと、自己破産ではバイクローンだけ優先して借金を返済するのは「偏頗弁済(へんぱべんさい)」という違法行為に該当するため絶対にNGです。

自己破産には、「債権者平等の法則」と呼ばれるルールがあるのですが、これは特定のカード会社だけを優遇せず、すべて平等に扱う必要があるという決まりになります。

そのため、バイクローンを組んだ会社だけに借金を優先的に返済する行為が禁止されているのです。

もし、バイクローンだけを優先して返済したことが裁判所に知られた場合には、免責が認められない可能性が高くなります。

そうなると、自己破産しても借金の支払いがそのまま残ってしまいますので、絶対にやめましょう。

ただし、自動車ローンを返済する方が、あなた以外の第三者であれば問題ありません。

たとえば、あなたの家族や親戚などにバイクローンの残りを一括完済してもらえれば、自己破産してもバイクを手元に残すことが可能です。

この方法であれば違法にもなりませんし、自己破産の整理対象になった他のカード会社からクレームが出ることもありません。

しかし、この方法でバイクが手元に残せたとしても、市場価値が20万円以上あった場合には、少し話が違ってきますので、後程説明したいと思います。

自動車ローン完済済みのバイク

自動車ローン完済済みのバイクであれば、自己破産しても手元に残すことが可能です。

ただし、前述した通り、バイクの市場価値が20万円以上あった場合は、自己破産の処分対象となりますので、手元に残すことはできません。

さらに、仙台司法裁判所で自己破産する場合には、「99万円基準」というルールも存在するため、申立人の財産の合計が99万円以下であれば自由財産として所有が許されます。

たとえば、あなたが15万円のバイクと、50万円の自動車、30万円の銀行預金を持っていた場合は、合計金額が95万円なので自由財産としてバイクの保有が認められることになります。

しかし、その他の財産との合計した結果、99万円を超えてしまった場合は自由財産とは認めてもらえないため、残念ながらバイクは処分されてしまうでしょう。

また、バイクを含めた自動車には、耐用年数が定められており、「バイクは3年」とされています。

したがって、購入後3年以上経過したバイクは市場価値が非常に安いケースが多いので、自動車ローンを完済済みであれば手元に残せる可能性は高くなります。

バイクは自由財産として認めてもえるのか?

結論から言うと、20万円以上の価値のバイクや、99万円基準に引っかかったバイクを自由財産の拡張として認めてもらうのは厳しいでしょう。

やむを得ない状況と裁判所側を納得させられるだけの理由がなければ、バイクを手元に残すのは厳しいと思われます。

たとえば、「独り者の高齢者で体の自由がきかず、かつ田舎で公共交通機関が少ない」といったように、申立人の生活に影響がありそうな理由がいくつも重なっていれば、自由財産の拡張が認めてもらえる可能性も出てくるかもしれません。

しかし、「仕事で必要」、「通勤に必要」といった程度の理由では、認めてもらえる可能性は低いと思います。

まとめ

  • 自動車ローン返済中のバイクは自己破産するとディーラーやローン会社に引き上げられるため手元に残すことはできない
  • 自動車ローンをあなた以外の第三者で全額一括返済してもらえれば、バイクを手元に残すことは可能
  • 自動車ローン完済済みで、かつ20万円以下の市場価値のバイクであれば手元に残すことが可能
  • 仙台地裁で自己破産する場合は、99万円基準があるため、20万円以下の価値のバイクでもその他の財産との合計が99万円以上の場合は没収対象になる

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分 仙台駅からのアクセスはこちらをクリック

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分