(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

自己破産における復権とは?

司法書士とパラリーガル

「自己破産した後、復権するってどういうことなのだろう?」

自己破産すると、手続き中はさまざまな法的制限を受けることになりますが、この制限は、復権を得ることで解除されます。

今回は、自己破産にける復権とは?

ということについて、解説いたします。

自己破産における復権とは?

自己破産の手続きが開始されると、あなたは法的な制約を受けることになります。

「人の資格に関する法律」の制限(資格制限)をはじめとして、破産管財人による郵送物の管理や、通信の秘密の制限、引越しや海外旅行への制限...などです。

もっとも、引越しの制限や通信の秘密の制限は、破産手続きの期間が終われば、解除されます。なので、これらの制限については、制限が解かれるまで待てばよい性質のものです。

一方、資格制限については、自己破産の手続きが終わった後も、消滅する訳ではありません。破産手続き完了後に、この制限を解く必要があります。その際に「復権」という制度を利用します。

復権とは、自己破産によってあなたが受けている権利の制限を消滅させて、あなたの法的な地位を、元通りに回復させる制度です。

破産者が復権するタイミングとは?

次に、自己破産から復権するタイミングはいつになるのか?について、詳しく解説いたします。

破産者が復権するタイミング

復権のタイミングには大きく分けて2つ、

①当然復権

②申立による復権

...があります。

当然復権とは

当然復権とは、読んで字のごとく、自己破産手続き終了の時点で、自動的に復権することを言います。

例えば、破産手続きをしたものの、残念ながら免責不許可となった場合などでは、破産手続き開始から10年が経過すれば、自動的に復権します。

そのほか、免責不許可となった場合、「何もしない」か、あるいは「個人再生を行う」かの、2つの選択肢があります。

もし個人再生を行い、再生計画が認可されたら、確定したタイミングで復権します。これも当然復権です。

何もしなかった場合は、詐欺破産財に問われる等の問題がなければ、自動的に10年で復権するので、これも当然復権となる訳ですね。

申立による復権とは?

上記のように自動的に復権することを当然復権といいますが、対して、あなた自身が裁判所に「復権させてください」と申立を行うこともできます。

例えば、免責不許可となったけど、その後に自力で借金を全額返済したり、相続による財産贈与により、借金の返済が出来たり、消滅時効により借金がなくなった場合などは、

裁判所に申立を行うことで、破産者ではなくなり、制限を消滅させることが可能となります。しかし、申立による復権は、かなりレアケースともいえます。

復権を確認する方法はあるのか?

基本的に、復権のほとんどが「当然復権」なので、殆どの場合は、何か手続きをとるということは、ありません。

免責決定となれば、自動的に破産者は復権する訳ですから、ただ待てばよいのです。

復権されたかどうかを確認する方法はあるの?という疑問の声も少なくないのですが、この方法も特にありません。

強いて言うなら、市役所にいって身分証明書を取得すれば、そこに「破産宣告の通知を受けている」か否かが記載されているので、それが確認方法といえるかもしれません。

もし何も記載がないのであれば、すでに復権しているということです。

自己破産における復権の効果

破産者から復権すると、それまで受けていた法的な制限が解除されます。

逆に、復権すればクレジットカードを作ったり、ローンを組めるようになる...などの勘違いをしている人が多くいるのですが、そのような性質のものではありません。

単純に、法的な制限が解けるだけです。

資格制限が解けるとは?

復権による効果で、もっとも重要なものが「人の資格に関する法律」の制限(資格制限)の解除です。

「人の資格に関する法律」の制限とは、要するに一部職業の制限のことです。主な職業を整理すると、

①弁護士、司法書士

②公認会計士

③税理士

④警備員

⑤宅建士、土地家屋調査士、不動産鑑定士

⑥社会保険労務士

⑦行政書士

...等などです。

これらの職業や資格に関する法律には、資格要件として「自己破産後、復権を得ていない者は、就業できない」との決まりがあるのです。

なお、復権すれば、また問題なく従事できます。

ブラックリストが解除される訳ではない

自己破産すると、信用情報機関の管理する情報に、その事実が登録されます。

その為、以後510年間はローンを組むのが難しくなります。これが一般的に「ブラックリストに載る」という状態です。

こうなると、キャッシングやカードローンを組んでマンションや車を購入しようとしても、審査が通らなくなります。

もっとも、これは法律で定められている「制限」ではなく、単に金融機関や信販会社が、自らの基準で判断しているだけの性質のものです。

したがって、法律上の復権の話とは関係がないものなので、「ブラックリストが解除されることはない」のです。

まとめ

自己破産から、破産者が復権するとはどういうことか?またそのタイミングや、法的な効果について、解説したまいりました。

とりわけ、資格制限を受けて、職業に就けなくなっている人にとっては、復権はきわめて重要な概念であることが、お分かりになったかと思います。

上記でご説明した通り、復権の為の特別な手続きは必要がありませんが、一部特殊なケースにおいては、申立復権などが必要となります。

もし、復権についてどう対応したらよいのか分からない人がいれば、弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。

  • 自己破産における復権とは、法律上の資格制限が解除されること
  • 復権すれば、資格制限(人の資格に関する法律」の制限)がなくなる
  • 自己破産の免責確定を得られれば、復権となる
  • 復権の為の特別な手続きは必要なく、免責されれば自動的に復権する。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分