(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

過払い金請求するのに条件はあるの?

司法書士とパラリーガル

「過払い金請求は誰でもできる?」

「私も過払い金請求があるの?」

CMや広告などでよく目にする「過払い金請求」。

借金をしている方にとって、自分も過払い金が発生するのかは、とても気になるところです。

結論から言うと、過払い金請求は誰でもできるわけではありません。

過払い金請求をするには、「いつ」・「どこで」借りたか・「いつ完済」したかが重要になります。

これら過払い金請求ができる条件について詳しくお伝えします。

また、過払い金請求ができるケース、できないケースなども合わせて解説していきます。

過払い金請求の仕組み

過払い金請求とは、過去に違法に高い金利で借金を返済していた方が、払い過ぎた分の利息を取り戻すための手続きです。

ただし、過去に消費者金融・クレジットカード会社・銀行などのカード会社と取引があった方全員が過払い金請求できるかというと、そうではありません。

過払い金が発生するには、いくつか条件があります。

それでは、どういった借金が過払い金請求の対象となるのか、詳しく見ていきましょう。

過払い金が発生する条件

お金を借りるときには、借金に対する「金利」が定められていますよね?

あまりに高い金利だと借りた人が借金を返せなくなってしまうため、法律により「上限金利」が決められています。

この上限金利を定めた法律が2つあります。

「利息制限法」と「出資法」です。

しかし、2010年に改正されるまでは、2つの法律の上限金利が異なっていました。

利息制限法では20%、出資法では29.2%と定められていたのです。

この「利息制限法以上出資法以下」の金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、多くのカード会社がグレーゾーン金利で貸付を行なっていました。

そのため、過去にグレーゾーン金利で借りて返済を行なっていれば、払い過ぎていた分の利息は過払い金となり、カード会社へ返還請求することができます。

2008年頃までの借金は過払い金が発生する可能性が高い

上限金利を定めた法律が改正されたのは2010年ですが、グレーゾーンが違法とされ過払い金請求が認められた最高裁判決が出たのは2006年です。

そのため、大手の消費者金融などは、2007年ごろから順次、20%以下に上限金利を変更していきました。

ですから、主に2008年頃以前から返済をしていた借金では、過払い金が発生する可能性は高くなります。

逆に、2008年以降は適正な金利で借金を返済しているので、それ以降の借金では過払い金が発生する可能性は低いでしょう。

「2008年頃以前の借金」であるかが、過払い金請求ができる1つ目の条件となります。

対象は消費者金融またはクレカのキャッシング

もう1つ注意したいのが、2008年頃以前の借金であっても、全ての借金で過払い金が発生するわけではないということです。

カード会社の中でも、「消費者金融」または「クレジットカード会社のキャッシング」を利用していた方のみ、過払い金請求の対象となります。

アコムやプロミス・アイフルなどの消費者金融、エポスやセゾン・ニコスなどのクレジットカード会社では、ほとんどの会社で以前は違法に高い金利で貸し付けを行なっていました。

一方で、「銀行カードローン」や「クレジットカード会社のショッピング」を利用して借金をしていても、過払い金は発生しません。

銀行カードローンでは、過去も利息制限法の範囲内で貸付を行なっていました。

また、信用金庫や住宅ローンなども、利息制限法で定める上限金利内もしくはそれより低い金利で貸付を行うことが一般的です。

ですから、銀行からの借金は過払い金が発生しない可能性が高いです。

一方、クレジットカードのショッピング枠は、「貸し付け金」ではなく、カード会社が契約者の代わりに支払う「立て替え金」の扱いになります。

クレジットカードのショッピング利用分を返済するときの「分割手数料」は、「利息」ではありません。そのため、過払い金も発生しません。

まとめると、「消費者金融またはクレジットカードのキャッシングによる借金」であるかが、過払い金請求の2つ目の条件となります。

過払い金請求ができる条件

2008年頃以前に返済していた借金は、過払い金が発生する可能性が高いことをお話ししました。

しかし、過払い金が発生していても過払い金が取り戻せなくなってしまうケースがあります。

それには、過払い金請求の「時効」とカード会社の「倒産」が関係しています。

過払い金請求をするには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

  • 過払い金請求をするカード会社が倒産していない
  • 過払い金請求の時効が過ぎていない

それぞれの条件について、詳しくみていきましょう。

請求先のカード会社が倒産していない

過払い金請求を行う請求先のカード会社が倒産してしまっていては、過払い金請求はできません。

実際に、過払い金請求の案件が増えたことで経営状況が悪化し、武富士など大手の消費者金融が倒産してしまった事例もあります。

大手のカード会社でも、倒産のリスクはあります。

ですから、過払い金があるとわかった時点で、1日でも早く過払い金請求を行うことが大切です。

なお、他のカード会社と吸収・合併し、名前が変わったカード会社もあります。

この場合、倒産ではありませんから、会社の名前が変わっていても過払い金請求が可能です。

請求先のカード会社が倒産してしまったと勘違いして、お金が戻ってくるチャンスを逃すのはもったいない話です。

過払い金があるかどうかわかならない方も、一度司法書士・弁護士へご相談ください。

過払い金請求の時効が成立していない

せっかく過払い金があるとわかっても、時効を過ぎてしまえば過払い金請求はできません。

過払い金請求の時効は、「最後の取引日から10年」です。

最後の取引日とは、借金を完済した日、もしくは最後に返済した日になります。

例えば、2006年に消費者金融Aから借りれを行い、2010年12月1日に借金を完済したとします。

借り入れを行なったのは、2008年以前ですので、過払い金が発生する可能性は高いです。

一方、2010年の10年後、2020年12月1日には過払い金請求の時効が成立してしまいます。

現在、多くの方が過払い金請求の時効を迎えつつあります。

時効が迫っている方には、過払い金請求の時効を止める方法もあります。

過払い金があるとわかったら、少しでも早く司法書士・弁護士へご相談ください。

過払い金があるか調べる方法

これまで見てきたように、2008年頃以前に借り入れをしていた方で、長い間返済を続けていた方は、過払い金が発生する可能性は高いです。

過払い金請求ができる条件に当てはまるかどうかは、カード会社へ「取引履歴」を請求すれば大体わかります。

取引履歴では、いつ・何%の金利で借りたか、いつ・いくら返済したかが正確にわかります。

それらの日付や金額を、インターネット上で公開されている「過払い金計算ソフト」などに、ご自身で入力してみてください。

適正な金利で借金が再計算され、いくら過払い金が発生するか大体わかります。

当センターでも過払い金の計算は無料で行なっていますので、調査だけでもお気軽にご相談ください。

繰り返しますが、過払い金請求には時効があります。

また、多くの方で、過払い金請求の時効は差し迫っています。

過払い金は本来払う必要のなかったお金で、皆さんには取り戻す権利があります。

少しでも「過払い金があるのでは?」と思ったら、今すぐに行動しましょう。

まとめ

  • 過払い金請求は、過去に違法に高い金利で返済していた分の利息を取り戻す手続き。
  • 過払い金請求ができるのは、2008年頃以前の借金に限る。
  • 過払い金請求の対象になるのは、消費者金融またはクレジットカード会社のキャッシングによる借り入れのみ。
  • 過払い金請求ができる条件は、「カード会社が倒産していない」、「時効が成立していない」ことの2点。
  • 多くの方で過払い金請求の時効が迫っているので、1日でも早く行動することが大切。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分 仙台駅からのアクセスはこちらをクリック

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分