(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

個人再生をすると今住んでいる賃貸住宅を出て行く必要はあるのか?

司法書士とパラリーガル

「個人再生すると賃貸住宅に住めなくなるの?」
「個人再生をした事実は不動産屋にバレないの?」

借金が滞ってしまい、いよいよ個人再生の手続きをするという際、賃貸住宅に住んでいる人であれば、「このまま、この家住み続けられるの?」という懸念が、頭をよぎるのではないでしょうか。

借金で首が回らなくなった挙げ句、住む家までなくなってしまったら、その絶望感はまさに半端ないものといえるでしょう。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

ここは、借金を整理する前に、確実に知っておきたいところですよね。

そこで今回は、個人再生と賃貸住宅にまつわるトピックスについて、色々紹介したいと思います。

個人再生とは

個人再生とは借金を整理する手続きのひとつで、裁判所を通じて借金を減額してもらう手段のことです。

借金を約5分の1まで減額できるという効果があり、それを3年から5年で支払うことができれば、残りの借金がチャラとなります。

ただし、個人再生は裁判所に申し立て書を提出することで実施されるため、必要書類の収集などに若干の手間がかかります。

さらに、個人再生の場合は、住宅や車といった自己資産を残したままでも手続きが可能です。

そのため、借金の元本自体を大幅に減額できますので、任意整理で支払うことが困難な多額の借金を抱えている場合や、住宅や車といった処分したくない財産を持っていて、かつ自己破産を回避したい人には個人再生がおすすめといえるでしょう。

個人再生しても賃貸住宅に住み続けられるのか

まず結論から言うと、個人再生をしても賃貸物件に住み続けることは可能です。

また、賃貸物件の保証人になることもできます。

ただし、借金を整理する際に、正しい手続きを取らないと、後々借りることが困難になるケースもあります。

個人再生をしても賃貸住宅を借りられる理由

個人再生を行っても、基本的にはマンションやアパートといった賃貸住宅にそのまま住み続けることも、新規で借りることも可能です。

その理由は、一言で言うと、「個人再生をした事実がバレないから」です。

しかしながら、仮にバレたとしても、賃貸住宅を借りることに関しては問題ありません。

個人再生などの債務整理を実施した場合には、CICJICCといった個人信用情報機関のデータベースに事故情報として登録されます。

これがいわゆる「ブラックリストに載った」と呼ばれる状態です。

ですので、実際にブラックリストと呼ばれるリストが存在するわけではありません。

事故情報が掲載される期間は57年で、その間はクレジットカードの発行や、新たにローンを組んだりすることができなくなります。

また、信用情報機関のデータベースは、CICJICCなどに加盟している他の会員でも閲覧できます。

しかし、会員ではない賃貸住宅のオーナーや不動産会社などが、信用情報を閲覧することはできません。

したがって、賃貸契約を締結する際、債務整理の実施有無に関しては審査の対象にはなり得ません。

よって、あなたが個人再生を行っても、賃貸住宅の新規契約や契約の更新なども問題なく行えるため、そのまま住み続けることが可能というわけです。

契約時に保証会社を通す場合

賃貸住宅を契約する際、保障会社を通す場合があると思いますが、このときには注意が必要です。

保証会社が信用情報を確認することも

賃貸契約を締結する際、保障会社を利用する不動産屋などもあります。

また、何らかの理由によって、保証人を立てられないという場合も同様に、保証会社を利用することになります。

ただし、保証会社が信用情報を見ることは原則としてできませんが、独自の方法で信用調査を行う場合もあります。

そうなると、個人再生した事実が、保証会社に知られてしまうことになり、賃貸契約の締結が難しくなる可能性もあります。

しかし、実際には、個人再生を行って「誰も家を貸してくれない……」、「契約が打ち切られた」といった状況は、まずありません。

保証会社が信販系の場合は要注意

最近では、賃貸住宅の保障人に、「ジャックス」や「オリコ」、「アプラス」といった信販会社を立てるケースが増えています。

不動産屋など貸し主側からすれば、借り主の信用調査を行ってくれるだけでなく、家賃の回収代行も行ってくれるため非常に便利といえるでしょう。

信販会社は、信用情報機関のデータベースを閲覧できるため、借り主が個人再生した場合には、その事実をすぐに把握できることになります。

そのため、保証会社の審査に落ちてしまった場合には、最悪の場合、契約が締結できなかったり、契約が打ち切られたりする可能性も絶対ないとは言えません。

しかし、繰り返しになりますが、実際には、個人再生をしている人の多くが、保証会社の審査をスルーしています。

なぜなら、保証会社は信用情報だけでなく、借り主の勤務先や年収、勤続年数といった、さまざまな情報から総合的に判断しているため、きちんと家賃を払ってくれそうだと判断されれば審査には通るものなのです。

保証会社を通す場合の対応策について

前述した通り、契約時に保証会社を立てる賃貸住宅は、若干厄介な部分もあるため、対応策を紹介したいと思います。

もし、信販系の保証会社の審査に落ちた場合には、信販系ではない保証会社を立てている物件を探すのがおすすめです。

信販系でなければ、信用情報を閲覧することができないため、少なくともブラックリストが原因で断られることはなくなるでしょう。

したがって、きちんと家賃を支払ってくれるかという観点で判断されることになりますので、審査に通る可能性も高くなってきます。

ただし、実際には、個人再生をした人に対して、アパートやマンションを貸してくれる不動産屋や大家さんはたくさんいます。

ですので、諦めずに探し続ければ、必ず審査に通る物件があると思います。

また、どうしても不安だという人は、個人再生する前に保証会社の審査を通してしまうという小技もあります。

家賃の支払い方法がクレジットカードの場合

最近多いのが、家賃をクレジットカード払いにしている賃貸住宅です。

この場合にも、いくつか注意点がありますので紹介しておきます。

クレジットカード払いしかない場合の契約は厳しい

賃貸住宅の中には、家賃の支払い方法がクレジットカード一択という物件もあります。

そのような物件の場合には、前述したブラックリストが理由となり、事故情報が消えるまでの57年間の間は、新規の賃貸契約や契約更新が困難になってくるでしょう。

また、賃貸契約の締結時に、クレジットカードを持っていない場合には、契約と同時に加入を求められることがあります。

これは、貸し主側が、借り主がクレジットカードの契約ができるか否かで与信調査を行うという背景があるようです。この場合も、同様に契約は厳しくなってくるでしょう。

クレジット一択物件への対応策

個人再生をすると、家賃の支払いがクレジットカード一択の物件を借りるのは、非常に困難といえるでしょう。

ですので、そんなときには、ちょっと発想を変えてみる必要があります。

たとえば、クレジット払いがNGでも、現金払いならOKという物件はたくさんあります。

したがって、家賃を現金で支払う物件を中心に探してみるというのも、ひとつの方法だと思われます。

また、どうしてもクレジット払いの物件に住みたいという場合には、大家さんに直談判するという方法もアリでしょう。

家賃の回収にクレジットカードを利用する場合には、貸し主である大家さんが、クレジット会社に回収代行手数料を支払わなくてはなりません。

そのため、借り主が直接現金で支払うことができれば、手数料分も含め大家さんが受け取ることができます。

よって、交渉がうまくいく可能性はゼロとは言い切れませんので、きちんと家賃を支払い続ける自身のある人であれば、試してみるのもよいでしょう。

まとめ

  • 個人再生をしても賃貸住宅に住み続けることは可能。
  • 個人再生をするとブラックリストに載るが、保証会社にはバレない。
  • 保証会社が信販系の会社の場合には、要注意。
  • 家賃がカード払い一択の物件は、厳しい。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分