(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

任意整理をしても今加入している保険は続けられるのか?

司法書士とパラリーガル

「任意整理をしたら、今の保険が失効するのでは?」
「生命保険に入ったままで任意整理できるの?」

任意整理で借金を整理すると、今加入している保険が失効してしまうのではないかと思っている人は少なくないようです。

しかし、実際のところ、任意整理をしたからといって生命保険などの保険が失効してしまうということはありません。

任意整理と保険の関係について正しい知識を身につけることで、誤解からくる不安を払拭してしまいましょう。

任意整理とはどんな手続きか

任意整理は、弁護士に依頼して借金の借入先であるカード会社・銀行・消費者金融と交渉してもらい、利息をカットしてもらったうえで、元本(もともと借りた金額)の返済期間を無理のないものに調整してもらう債務整理です。

具体的な例を見てみましょう。

Aさんは消費者金融から120万円を金利17.5%の36回払いで借りているとします。

この場合、Aさんの毎月の返済額は約43000円になります。また、Aさんが最終的に支払わなければならない利息の合計は約35万円にのぼります。

任意整理をすると利息をカットしてもらうことができますので、利息の合計額である約35万円のぶん、返済額が減ることになります。

また、返済期間も60回程度の長期にしてもらえることがほとんどですので、Aさんの毎月の支払いは、任意整理前の半分以下となる、2万円にまで減らすことができます。

このように、利息を0にしてもらい、返済期間を調整してもらったうえで、元本を完済できるまで毎月の支払いを続けていくのが、任意整理という方法です。

もし、今保険料の支払いが苦しい人は、任意整理をすることで毎月の負担を軽くできる可能性があります。

任意整理でブラックリストに載っても保険には全く影響がない

上のようなメリットがある任意整理ですが、デメリットもあります。それは、「ブラックリスト」に載るということです。

「任意整理をすると今入っている保険を続けたり、新しく保険に入ったりすることができなくなる」という誤解は、このブラックリストに載るということから生まれているのです。

ブラックリストとは

任意整理をすると、あらかじめ決められていた利息や返済期間で借金を返せなかったという「信用事故」の情報が、クレジットカードなどの信用情報を管理している機関である「信用情報機関」に登録されます。

これが、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態です。

任意整理の後、ブラックリストに登録されている5年程度の期間は、クレジットカードを作成・利用したり、ローンを組んだりすることができなくなります。

それでは、「ブラックリストに載っているとカードやローンが使えないから、保険も利用できなくなる」ということが誤解であるといえる根拠を説明していきましょう。

ブラックリストはお金を貸す会社や銀行が返済能力を確認するためにのみ見られる

ブラックリストの情報を見ることができるのは、上で説明した「信用情報機関」に加盟している、お金を貸す事業を行っている会社や銀行のみです。

さらに、「借金の返済能力を確認するという目的以外でブラックリストを見ることはできない」というルールがあります。

ただ、保険会社の中にも、信用情報機関に加盟している会社はあります。

こうした保険会社は保険に加えて、住宅ローンや医療ローンなどの提供も行っているため、信用情報機関に加盟することができるのです。

しかし、信用情報機関に加盟している保険会社でも、ブラックリストを見て保険の審査を行うことはできません。

保険はローンとは異なり、借金ではありませんので、「借金の返済能力を確認する」という目的にあてはまらないためです。

つまり、任意整理をしてブラックリストに載ったからといって、今加入している保険をやめさせられたり、新しく保険に入れなくなったりすることは絶対にないと言えるのです。

保険料を滞納すると保険は失効する

これまで見てきたように、任意整理をしたこと自体が理由となって、今入っている保険を解約させられるということはありません。

ただし、2カ月以上保険料の滞納をすると、解約払戻金の残高があればそこから自動振替されます。もし、解約払戻金の残高もない場合には、保険は失効となってしまいます。

3年以内であれば保険料を追納することはできるのですが、滞納してしまうような経済状況であればそれも苦しいかもしれません。

仮に、借金があって毎月の返済額が負担になっているせいで、保険料の支払いが苦しくなっているのだとしたら、もう一度「そもそも任意整理とはどんな手続か」を見てみてください。

そこであげた例にあるとおり、任意整理によって利息をカットし返済期間を調整することで、月々の支払額にはかなり余裕がでてくるはずです。

任意整理をすることで、今加入している保険やこれから入ろうとしている保険に悪影響が出ることはありません。

むしろ、任意整理をして無理なく保険料を収められる経済状況をつくることが、保険に関してはプラスになるといえるでしょう。

まとめ

  • 任意整理とは、利息をカットして元本の返済期間を調整できる債務整理
  • 任意整理をするとブラックリストに載り、5年間カードやローンが使えなくなる
  • 保険は借金ではないので、任意整理でブラックリストに載っても何の影響もない
  • 保険料を滞納すると保険は失効してしまう
  • 任意整理で借金返済の負担を軽くし、保険料の支払いを続けやすい経済状況にできる

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分