(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

任意整理がなぜ認められているかの理由

司法書士とパラリーガル

「任意整理ってなぜ認められているの?」
「任意整理が認められない場合もあるの?」

任意整理は、自己破産や個人再生と違い、直接任意整理を認める法律は存在しません。

では、なぜ任意整理は認められているのでしょうか?

任意整理は、民法の「契約」に関する解釈に基づいて認められています。

しかし、民法の解釈に基づいているといえど、あくまであなたとカード会社(クレジットカード会社・銀行・消費者金融)との間の直接契約における話です。

相手が契約交渉に応じなければ、任意整理が成立しない場合もあります。

では、どうして、カード会社は一般的に借金をしている方との契約において、任意整理を認めてくれるのでしょうか?

この記事では、任意整理が認められる理由について、詳しく解説していきます。

任意整理は法律的に認められているわけではなくあくまでも交渉である

民法における契約

クレジットカードでお買い物をしたり、お金を借りたりするといったことは、一種の「契約」にあたります。

クレジットカードを使うということは、利用契約に従って借り入れやお買い物、そしてその支払いを行うということです。

そして、少し難しい話になりますが、民法上、契約には「解除権」と「契約自由の原則」というものが認められています。

契約解除権とは、契約の解除はいつでも、その当事者のどちらからでも行うことができるという権利です。

ただし、契約解除により損害が発生するような場合には、その損害を契約前と同程度まで賠償しなければならないという原状回復義務があります。

また、契約自由の原則とは、契約内容や契約するかどうかは、契約当事者間で自由に決められるとする原則です。

任意整理では、この契約解除権と契約自由の原則を合わせたものが発想となっています。

つまり、任意整理とは、いったん今の契約を解除し、契約自由の原則に従って、カード会社と新たな支払いの契約を結んでいく方法であるのです。

交渉で新たな任意整理契約を結ぶ

しかし、契約自由の原則に従えば、新たな任意整理契約もカード会社の了承を得なければ結ぶことはできないということになってしまいます。

法的な拘束力はないので、どちらかと言うと、カード会社に借金の減額をお願いするという形になります。

つまり、任意整理ができるかどうかは、カード会社との直接的な交渉次第ということです。

ですが、任意整理に全く応じないというカード会社は、すでに廃業している一部のカード会社を除き、ほとんど存在しません。

例えば、日本保証(武富士の継承会社)やクレディア、CFJなどの貸金業者では、新規の営業は終了して現在は借金の回収のみを行っており、こうした会社では任意整理に応じず、一括払いを迫られることがあります。

では、なぜカード会社は、任意整理に応じるかどうか選べるのに、ほとんどの場合、任意整理の交渉に応じてくれるのでしょうか?

次の項目で詳しく見ていきましょう。

任意整理はカード会社にとって一番不利益の少ない方法である

任意整理の契約

任意整理は、裁判所を介さない簡易な債務整理方法です。

根拠となる法律もなく、法的拘束力をもたない、一種の自由契約です。

カード会社との直接交渉次第で、将来かかる利息を免除してもらったり、借金の元本を最長60回払いにしてもらったりすることができます。

しかし、先ほどの契約自由の原則により、弁護士や司法書士の一方的な要求によって契約内容を決めることはできません。

カード会社の意向も踏まえたうえで、任意整理の契約内容を決めていかなければなりません。

カード会社は渋々応じてくれている

一般的には、利息や手数料のカット、リボ払いの設定白紙などについて、カード会社が否定するようなことはまずありません。

なぜなら、任意整理は債務整理の中でも、カード会社にとって、もっとも損をしない方法であるからです。

仮にあなたが個人再生を選択すれば、大幅に借金が減額され、自己破産を選択すれば、借金はゼロになってしまいます。

カード会社の立場からすれば、任意整理の方が個人再生や自己破産をされるよりはマシだという考えです。

任意整理で利息カットや分割払いに応じても、少なくとも借金の元本は返ってくるので、最悪な状態は免れたということでしょう。

つまり、カード会社は個人再生や自己破産になってしまうと損をするため、渋々任意整理の交渉に応じてくれているのです。

まとめ

  • 任意整理は、民法の「契約」に関する解釈に基づいて認められている。
  • 任意整理とは、いったん今の契約を解除し、契約自由の原則に従って、カード会社と新たな支払いの契約を結んでいく方法であると言える。
  • 新たな任意整理契約も、カード会社の了承を得なければ結ぶことはできない。
  • 任意整理に全く応じないというカード会社は、すでに廃業している一部のカード会社を除き、ほとんど存在しない。
  • 任意整理は債務整理の中でも、カード会社にとってもっとも損をしない方法であるので、カード会社は渋々認めてくれている。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分