(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

一度任意整理をした後、2回目の任意整理はできる?

司法書士とパラリーガル

「せっかく任意整理をしたけれど、その後返済が難しくなった」
「できたらもう一度、任意整理をしたい…」
 

任意整理を一度した人の中には、任意整理に加えていなかった借金が膨れ上がって返済に困る人がいます。

また病気やケガなどで一時的に収入が止まってしまい、返済計画どおりに返せなくなることもあります。

果たして2回目の任意整理はできるのでしょうか?

基本的には任意整理は何度でも可能ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。

このページでは実際の注意点を説明していきます。

任意整理について

まず、任意整理についておさらいしておきましょう。

任意整理とは、裁判所を通さず借りた本人と貸したカード会社との間で話し合いをして、借金を解決する方法です。

実際には本人に代わって、弁護士や司法書士が話し合いを行います。

個人再生など他の債務整理方法と大きく違うのは、借りている会社ごとに個別に話し合う点。

他の債務整理ではクレジットカード会社や消費者金融、銀行など借りている会社すべてを相手にしますが、任意整理ではいくつか借りている会社があっても、その中から交渉する相手を選んで行えます。

違法な金利で払い過ぎていた利息〈過払い金〉を計算し返還を請求することによって、借金の額が大きく減ったり、時には0になったりする可能性もあります。

2度目の任意整理は相手次第

法律的には、2度目の任意整理をすることにはまったく問題ありません。

任意整理は裁判所を通さない借りた本人と貸した会社の直接の話し合いなので、両方が合意すれば何度でもできることになっています。

たとえば、任意整理で和解して返済を進めていったものの、最初の任意整理の段階で「このカード会社くらいは何の対策もしなくても、そのまま返済していけるだろう」というような考えから任意整理の対象外にした借金がふくれ上がってしまい、追加で任意整理が必要になるケースがあります。

他にも借金がまだあることを忘れていて、任意整理に和解してから思い出したということもあり得ます。

この場合も追加で任意整理することは可能です。

1度目の任意整理によっていわゆる〈ブラックリスト〉に載ってしまい、任意整理したことが別のカード会社にも知られてしまいますが、これもそれほど影響はありません。

会社側で「任意整理した会社とうちの場合では事情が違う」と考えるからです。

ただし、一度任意整理をした会社と同じ系列の消費者金融を任意整理したい、などという場合は、交渉が厳しくなります。

最悪の場合は借金の一括返済を求められたり、裁判所に簡易訴訟を起こされたりすることも。

とはいえ、消費者金融は借金が回収できなくなるリスクには特に敏感です。

毎月の返済額を減らしてもらう程度なら、応じてくれる可能性もあります。

なお、2度目以降の任意整理をした場合の追加費用に関しては、弁護士事務所や司法書士事務所によって変わってきます。

追加費用が発生しないことをアピールしている事務所もあれば、追加費用を明確に提示している事務所もあります。

同一のカード会社への任意整理は難しい

では、同じ会社を相手にもう一度任意整理をお願いする場合はどうでしょう?

実のところ、最初の任意整理で返済額を減額した相手にもう一度、任意整理を行いたいという人は珍しくありません。

しかし、同じカード会社にもう一度任意整理をお願いするのは難しいです。

同じ相手に2回目の任意整理をお願いするということは、最初に「今後は返済するので借金を減らしてください」とお願いして認めてもらったのに、「やっぱり払えないのでもう一回減らしてください」と頼むのと同じです。

また、1回目の任意整理の後は、すでに過払い金を返してもらって返済額が大幅に減っていたり、今後払う利息をカットしてもらっていたりなど、ある程度の救済案を認めてもらっています。

ここに再び任意整理をしても、月々の額を少なくして返済期間を延ばしてもらうくらいしかできることはありません。

もう返済総額が減るようなことはないのです。

それでも消費者金融が相手なら、借金が回収できなくなるよりはよいと、2度目の任意整理を認めてくれること可能性もあります。

ですが、より確実に借金を減らしたいなら、個人再生など別の方法を考えたほうがよいでしょう。

自己破産2回目の場合は7年の経過が必要

任意整理は何度でも可能ですが、他の債務整理方法では注意が必要です。

自己破産を一度している場合は、それから7年が経過しないと再び自己破産の申立をすることはできません。

個人再生の場合も、7年間は繰り返すことが認められません。

7年の間隔を空けさえすれば自己破産は何度でもできますが、あまり反省している様子が見えない場合は、裁判所が自己破産を認めないこともあります。

個人再生も何度でもできますが、カード会社などからの目は厳しくなることが考えられます。

ただし、任意整理から個人再生、任意整理から自己破産、個人再生から自己破産への切り替えは7年待つ必要はありません。

また任意整理を1年程度の短期間で繰り返す場合も、特に法律などがあるわけではありませんが、「ついこの間決めたばかりの返済計画が守れないようでは…」と思われてカード会社からはやはり敬遠されてしまいがちです。

まとめ

  • 任意整理は原則としては何回でもでき、禁止されている期間もない
  • 一度任意整理をしたカード会社や、同じ系列の諸費者金融などに任意整理を持ちかけるのは難しい
  • 一度任意整理をした会社が再び任意整理を受け入れてくれても、返済総額が減ることはない
  • 自己破産や個人再生を繰り返すことは、法律により7年間できない

2回目の債務整理が必要になったときは、以上の点をよく考えて行いましょう。

任意整理でなく個人再生や自己破産を行ったほうがよいケースも考えられるのです。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分 仙台駅からのアクセスはこちらをクリック

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分