(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

任意整理は家族に秘密でできる可能性あり

司法書士とパラリーガル

「任意整理は、家族にバレずにできるの?」
「任意整理を家族に秘密にするのに、気を付けたほうがいいことは?」

家族にずっと内緒にしてきた借金のこと。

もう返済ができないので、このまま家族にバレずに任意整理ができるならしたい…

そんなあなたに朗報です。

任意整理は、他の自己破産などの債務整理と比べて、家族に秘密にできる可能性は高いです。

自分から言わない限り、職場にバレるということもありません。

ただし、気を付けなければいけないのは、カード会社からの取り立てや、保証人を立てている借金がある場合です。

この記事では、任意整理が家族に秘密にしやすい理由や、任意整理がバレる可能性があるケースなどについて詳しく解説していきます。

任意整理は家族に秘密にできる

任意整理とは

任意整理とは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と直接交渉をし、借金を減額してもらう制度です。

交渉によりカード会社と和解が成立すると、借金に対して将来かかる利息を免除してもらうことができます。

また、将来利息を除いた元金を、3~5年の長期分割払いにすることで、毎月の返済額を減額することもできます。

これらの交渉を自力で行うのは難しいので、専門家である弁護士や司法書士に依頼する場合が多いです。

カード会社との連絡や書類のやり取りなどの直接的な交渉は、全て専門家にお任せすることができます。

なぜ秘密にできるのか

では、なぜ任意整理は家族に秘密にできる可能性が高いのでしょうか?

次の3つの理由が考えられます。

①裁判所を介さないため、官報に載らないから。

②任意整理する対象の借金を選択できるから。

③弁護士からの連絡や書類のやりとりは、弁護士がバレないよう融通をきいてくれるから。

以下では、それぞれ詳しく説明していきます。

まず、任意整理では、その他の債務整理と違い、裁判所を通さずカード会社と直接交渉を行います。

裁判所で手続きが必要な自己破産や個人再生をすると、あなたが債務整理をしたという事実は「官報」に載せられることになります。

官報とは、国が毎日発行するいわば新聞のようなものです。

官報をマメにチェックしているという人は一般的にあまりいませんが、少なからずあなたが債務整理をしたことがバレてしまうリスクはあります。

しかし、任意整理では官報に載って誰かにバレるというリスクがないので、秘密にできる可能性は高いということが言えます。

官報について詳しくはこちら

次に、任意整理の大きなメリットの1つとして、整理する対象の借金を選ぶことができるということが挙げられます。

一般的に、住宅ローンや車のローンがまだ残っている場合、任意整理をすると抵当に取られて失ってしまうので、対象から外すことが多いです。

すると、一緒に暮らしている家族も、住宅や車を失うことなく今まで通りの生活を送ることができるので、怪しまれることはありません。

また、保証人が付いている借金があった場合、あなたが任意整理をすると保証人へ借金の請求が行くことになります。

保証人が知人であっても、どこからか家族にバレないとも限りません。

しかし、任意整理では、保証人が付いている借金を対象から外して整理するということが可能です。

つまり、任意整理する対象の借金を選択することで、家族にバレそうになるリスクを回避することができるのです。

 

任意整理の場合、基本的には弁護士事務所以外からの郵便物は自宅に届きません。

カード会社との交渉の窓口は、全て弁護士となるからです。

そのため、弁護士からの連絡や郵便物にだけしっかり気を付けておけば、家族にバレる可能性はかなり低くなると言えます。

弁護士との連絡については、家族に秘密にしたい旨をあらかじめ伝えておけば、配慮してもらえるケースが多いです。

家の固定電話には連絡しない、郵便物は事務所名が入っていない封筒を使うなどの対応をしてもらえます。

最近は家族に秘密で任意整理をしたいという要望が増えているので、相談の時点で配慮してくれるかどうか確認しておきましょう。

任意整理がバレやすいケース

では、家族に秘密にできる可能性が高いことがわかった任意整理ですが、他にバレる可能性があるケースは一体どういった場合でしょうか?

カード会社から取り立てでバレるケース

弁護士に任意整理を依頼すると、通常1~3日で弁護士がカード会社充てに「受任通知」を発送します。

受任通知とは、「これから債務整理をしますよ」というお知らせのことです。

受任通知が届くと、法律上カード会社はあなたへの取り立てができなくなるので、自宅に請求書やハガキが来たり、電話での催促が来たりすることはありません。

ただ、まれに受任通知を送るのが遅れ、すれ違いで催告ハガキが自宅に届いてしまうことがあります。

例えば、カード会社の住所を調べるのに時間がかかってしまったり、借金に銀行カードローンが含まれている場合、口座凍結を防ぐため受任通知を送るのを待っていたりするような場合です。

この対応策として、契約後すぐに受任通知を送ってもらえるのか弁護士に確認しておくのがよいでしょう。

また、カード会社の住所をまとめておいたり、前もって凍結の可能性のある口座の預金を引き出しておいたりするのも大切です。

やはり、カード会社からの取り立てが来ないうちに、借金の請求日より前に余裕をもって、弁護士との契約を済ませておくことが一番大事でしょう。

家族に秘密にしたいのであれば、とにかく早めに弁護士に相談することをおすすめします。

家族が保証人になっている借金があるケース

家族が保証人になっていると、保証人付きの借金を任意整理の対象に含めた場合、残念ながらあなたが任意整理することは家族にバレてしまいます。

受任通知が送られた時点で、借金の請求が保証人である家族に行くからです。

任意整理では、保証人付きの借金を整理対象から外すということも可能ですが、借金の金額が大きい場合、難しいこともあるでしょう。

債務整理をしたいと正直に話すと家族から責められるのではないかと不安になりますが、家計を立て直すには家族の協力が不可欠です。

計画的な返済をすることはもちろん、二度と苦しい借金をしないで済むように、家族一丸となって家計管理を行う必要があります。

そのためにも、家族が保証人になっているケースでは、債務整理について家族に正直に話したほうが、生活を再建するにはよいのではないでしょうか?

任意整理後にバレるケース

最後に、家族にうまく秘密でできた任意整理ですが、任意整理後に家族にバレやすいパターンについてお話しします。

注意しなければならないのは、次の3つです。

  • 銀行口座が凍結し、お金を引き出せなくなること。
  • あなた名義のクレジットカードや家族カードが使えなくなること。
  • しばらくローンが組めなくなること。

もし、あなたが銀行カードローンでお金を借りている場合、その銀行の口座は、受任通知を送った時点で凍結される可能性があります。

家族がその口座を管理していて、普段の生活費に利用している場合は、お金が引き出せなくなってしまいます。

カードローンと別の銀行であれば凍結はされないので、別に生活用の預金口座を作り、預金を移し替えておくなどの対策が必要になってくるでしょう。

そして、任意整理をするとブラックリストに載るため、あなた名義のクレジットカードや家族カードは利用できなくなります。

また、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることも、5~7年間はできなくなってしまいます。

これが一番現実的に家族にバレやすいパターンかもしれません。

ネットショップでクレジットカードを利用できなかったり、何度も審査に落ちたりすると、家族から不審がられるでしょう。

対策としては、デビットカードを使うか、ローンを組むのをしばらく拒むといったことしかできません。

怪しんだ家族が信用情報の開示請求をすれば、借金のことも任意整理をしたことも簡単にバレてしまいます。

任意整理後も、家族にバレるリスクがあるということを覚えておいてください。

まとめ

  • 任意整理は、他の自己破産などの債務整理と比べて、家族に秘密にできる可能性は高い。
  • 「裁判所を介さないため、官報に載らない」「任意整理する対象の借金を選択できる」「弁護士からの連絡や書類のやりとりは、弁護士がバレないよう融通をきいてくれる」といった理由から、任意整理は特に家族にバレにくい。
  • 受任通知を送るのが遅れ、すれ違いで催告ハガキが自宅に届いてしまいバレることがあるので、契約後すぐに受任通知を送ってもらえるのか弁護士に確認しておくのがよい。
  • 家族が保証人である借金を任意整理の対象に含めた場合、保証人へ請求が行くので、任意整理することは家族にバレる。
  • 任意整理後も、口座の凍結や、クレジットカード・ローンの利用制限に注意を払っておかないと、家族にバレる可能性がある。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分