(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

七十七銀行・仙台銀行は債務整理できる?任意整理するどうなる?

司法書士とパラリーガル

「七十七銀行・仙台銀行のカードローンは任意整理できる?」
「七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理するときの注意点は?」

仙台に住む方におなじみの銀行といえば、七十七銀行と仙台銀行。

どちらも地域密着型の銀行なので、お世話になっている方も多いハズ。

特に、七十七銀行・仙台銀行のカードローンは金利も低めで、利用しやすいと評判です。

しかし、それだけに使い過ぎて返済に苦しむ方がどうしても増えます。

そこで、借金問題の解決策として任意整理という選択肢が浮かぶのですが、七十七銀行・仙台銀行のカードローンは任意整理できるのでしょうか?

今回は、七十七銀行・仙台銀行のカードローンの任意整理について解説します。

仙台の方にはおなじみ七十七銀行・仙台銀行のカードローン

まず、七十七銀行および仙台銀行の説明とカードローンについて説明します。

七十七銀行とは

「七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう)」は、仙台市を拠点として展開する国立銀行です。

77番目に設立された国立銀行ということで、この名が付いたそうです。

仙台市や宮城県県をはじめ、多くの自治体の指定金融機関を受託する東北6県で最大手の金融機関になります。

七十七銀行の経営は「石橋を叩いても渡らない」と評されるほど堅実で、バブル崩壊後も健全な経営状態をキープしている点が特徴です。

七十七銀行のカードローン

七十七銀行が取り扱うカードローンは、「77スマートネクスト」、「77カードローン」、「77教育カードローン」の3種類です。

ただし、77教育カードローンはその名の通り「教育ローン」になりますので、一般の方が利用するのは77スマートネクストと77カードローンの2つがメインになります。

77スマートネクストは、金利が「4.9~14.8%/年」で10~500万円の融資が可能なカードローンです。主に、アルバイトやパート、年金を受給されている方の利用が多くなっています。

いっぽう、77カードローンは、金利が「7.9~11%年」と非常に低く「10~300万円」の融資が受けられるカードローンです。

ただし、77スマートネクストよりも審査基準が厳しく、

  • 勤続年数1年以上、または営業年数3年以上
  • 150万円程度の収入がある

方が対象になります。

ただし、この条件をクリアしていれば、アルバイトやパートの方でも利用することが可能です。なお、どちらの場合も、

  • エム・ユー信用保証株式会社の保証を受けられる
  • 七十七銀行の口座を持っている(ない場合は開設が必要)

ことが利用条件となっています。

仙台銀行とは

「仙台銀行」は、宮城県の仙台市青葉区に本店を構える第二地方銀行です。

仙台銀行は宮城県でのみ店舗展開を行っていることが特徴で、2012年に「きらやか銀行」と経営統合を果たしたことにより、金融持株会社である「じもとホールディングス」を設立して、現在もその傘下に入っています。

「人で勝負する銀行」をモットーに、地域経済の発展と被災地の地域復興に取り組むとともに、きらやか銀行とのシナジーで宮城と山形をつなぐ地域金融機関として存在感を高めている状況です。

仙台銀行のカードローン

仙台銀行が取り扱うカードローンは、「スーパーカードローン・エクセレント」です。

スーパーカードローン・エクセレントは、金利が「3.5〜14.5%/年」で「10〜1,000万円」の融資が可能なカードローンになります。利用条件は、

  • 満 20 歳以上 ~69 歳以下
  • 安定継続した収入がある
  • 仙台銀行の口座を持っている(ない場合は開設が必要)

方が対象になっており、条件さえ満たせばアルバイトやパートの方の利用も可能です。

ただし、専業主婦の方は、安定、継続した世帯収入があることが条件になります。

なお、仙台銀行のスーパーカードローン・エクセレントを利用する場合には、

  • SMBC コンシューマーファイナンス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられる

ことも必須条件です。

七十七銀行・仙台銀行のカードローンは任意整理できるか?

では、七十七銀行および仙台銀行のカードローンを任意整理すると、どんな効果があるのか解説します。

任意整理とは

任意整理とは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息と遅延損害金(借金返済が滞った際に発生する罰金)をカットして、残った借金を3年から5年の分割払いにするよう合意する債務整理です。

なお、「債務整理」とは、複数のカード会社から借金をしている多重債務といった借金問題に悩む方を法的に救済するために国が作った制度になります。

つまり、任意整理とは「カード会社に借金の分割払いを認めてもらう債務整理」といえるでしょう。

七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理するメリット①

七十七銀行および仙台銀行のカードローンは、どちらも任意整理することが可能です。

将来的に発生する利息と遅延損害金をカットして、60回の分割払いで合意するケースが一般的となっています。

したがって、任意整理すれば借金返済の負担を下げることができますので、完済への目途も立ちやすくなるでしょう。

では、七十七銀行および仙台銀行のカードローンで借りた200万円の借金を任意整理した事例を紹介します。

まず、七十七銀行の77スマートネクストで200万円借金すると金利は「12%/年」です。これを5年(60回払い)で返済しようとすると、

  • 毎月の返済額:¥ 44,489  
  • 利息:¥669,334 
  • 支払い総額:¥2,669,334

ということで、毎月約¥45,000を支払い続ける必要があります。

いっぽう、仙台銀行のスーパーカードローン・エクセレントは審査によって適用金利が決まるため、200万円借金した場合に金利12%より高くなるか低くなるかは事前に分かりません。(そのため、以下12%/年として試算します)

そして、これを任意整理して七十七銀行・仙台銀行が5年返済(60回)で合意してくれた場合には、

  • 毎月の返済額:¥ 44,489→約¥33,333
  • 利息:¥669,334→¥0
  • 返済総額 :¥2,669,334→¥2,000,000

となるため、毎月の負担を1万2,000円程度下げることが可能です。

ちなみに、仙台銀行のスーパーカードローン・エクセレントで200万円借金した場合の返済額は¥25,000となっており、この金額で完済しようと思うと10年以上かかります……。

そのため、利息ばかりがどんどん高くなってしまうので、任意整理でサクッと完済するのがおすすめです。

七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理するメリット②

任意整理では整理する借金の対象を自由に選ぶことができます。

そのため、特定の借金を任意整理の対象から除外して、手続をすることも可能です。

たとえば、自動車ローン返済中の車を任意整理の対象にすると、ディーラーやローン会社に車が引き上げられてしまいます。

しかし、任意整理の対象から自動車ローンを除外して、返済をそのまま続ければ、車を手元に残すことができるのです。

また、保証人付きの借金を任意整理の対象にすると、カード会社は保証人になってくれた方に借金の一括返済を要求するため、多大な迷惑をかけることになります。

なので、任意整理の対象から保証人付きの借金を除外できれば、保証人になってくれた方をトラブルに巻き込む必要もなくなるわけです。

七十七銀行・仙台銀行のカードローンに過払い金はあるのか?

消費者金融などのカードローンを任意整理すると、過払い金が発生している場合があります。

「過払い金」とは、法定上限利息(20%/年)よりも高い利息を支払うことで発生する、いわゆる「払い過ぎたお金」のことです。

任意整理の途中で過払い金が発生していたことが分かった場合には、カード会社に対して「過払い金請求」することができますので、借金を減らしたり、お金が戻ってきたりする場合もあります。

しかし、残念ながら、七十七銀行・仙台銀行のカードローンに過払い金は発生しません。

先ほども説明した通り、それぞれのカードローンの金利は、

<七十七銀行>

  • 77スマートネクストの金利:4.9~14.8%/年
  • 77カードローンの金利:7.9~11%/年

<仙台銀行>

スーパーカードローン・エクセレントの金利:3.5〜14.5%/年

ということで、いずれも法定上限金利である20%/年を超えていません。

したがって、そもそも七十七銀行・仙台銀行のカードローンには過払い金が発生していないのです。

なお、七十七銀行・仙台銀行と同じように、他の銀行のカードローンにも過払い金は発生しませんので、この機会に覚えておきましょう。

七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理するデメリット

借金返済の負担が減るなどメリットの多い任意整理ですが、デメリットもありますので確認しておきましょう。

ブラックリストに載る

七十七銀行および仙台銀行のカードローンを任意整理すると、信用情報に事故情報として登録されるため、5年程度の期間はカード会社から新たな借入ができなくなる、いわゆる「ブラックリストに載る」状態になります。ブラックリストに載ると、

  • クレジットカードの利用と新規契約ができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • 分割払い、リボ払いなどが利用できなくなる
  • ローンや奨学金の保証人になれなくなる

といったデメリットが発生するので注意しましょう。

なお、「信用情報」とはあなたの個人情報や、カード会社と顧客の取引履歴、債務整理に関する情報などが記録されたものです。

カード会社はローンなどの審査時に顧客の信用情報を参照することで、本当にお金を貸してもよい相手か判断します。

そのため、信用情報に任意整理の事情情報がみつかった場合には、審査に通らない可能性が高くなるのです。

ただし、任意整理後5年程度の期間が経過すれば、信用情報から事故情報が抹消されるため、再びカード会社から借入できるようになります。

口座が凍結される

七十七銀行・仙台銀行のカードローンなど、銀行の借金を任意整理の対象にすると、対象となる七十七銀行・仙台銀行の銀行口座が凍結されます。

また、その際には七十七銀行および仙台銀行の支店を含む、すべての口座が対象です。

七十七銀行および仙台銀行は任意整理の受任通知(詳細は後述)が届くと、あなたから借金を回収しやすくするために銀行口座を凍結して、預金と借金を相殺します。

つまり、口座に残った預金を強制的に借金の返済に充てるというわけです。

なお、銀行口座の凍結が解除されるタイミングは、七十七銀行および仙台銀行の借金を全額返済した後になります。

また、銀行のカードローンの借金には、必ず保証会社が付いているのが大きな特徴です。

そのため、借金返済が滞った場合には、保証会社があなたの代わりに銀行へ借金残額を一括返済します。(これを「代位弁済」と呼ぶ)

代位弁済が終わった後は、任意整理の交渉先は七十七銀行・仙台銀行ではなく、保証会社になります。

したがって、銀行側の借金はゼロになるので、代位弁済後いずれかのタイミングで口座の凍結は解除されるでしょう。

そして一点注意して欲しいのが、七十七銀行・仙台銀行の口座を、

  • 給与の振り込み
  • 光熱費など公共料金の支払い
  • スマホの利用料金の支払い

といった用途で利用している場合です。

口座が凍結されると、給与が下ろせなくなったり、公共サービスが利用できなくなったりする可能性がありますので、任意整理する前に他の口座に変更しておくことが必須です。

七十七銀行・仙台銀行から借金できなくなる

先ほど、ブラックリストの説明の際、「任意整理後5年程度の期間が経過すれば、再びカード会社から借入ができるようになる」と説明しましたが、七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理の対象にした場合、そちらからの借入がずっとできなくなるため注意が必要です。

七十七銀行・仙台銀行は独自の顧客情報を管理しており、任意整理した顧客情報は「社内ブラック」として登録され、半永久的に残ることになります。

そのため、七十七銀行および仙台銀行のカードローンを任意整理の対象にした場合には、そちらからの借金ができなくなるのです。

七十七銀行・仙台銀行を任意整理する流れと期間

七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理するために必要な期間は、3〜6ヶ月程度が一般的です。

ただし、この他にも対象となるカード会社の数が増えた場合には、交渉期間が延びるため手続期間がもっと長くなる可能性もあるでしょう。

以下、任意整理のおおまかな流れを、順番に説明します。

弁護士や司法書士に相談

まずは、任意整理を扱っている弁護士・司法書士の法律事務所に「七十七銀行・仙台銀行のカードローンを任意整理したい」と相談します。

相談だけであれば、無料で実施している事務所も多いので、気軽に相談してみましょう。

受任通知の送付と取引履歴の開示請求

弁護士や司法書士に任意整理の手続を正式にお願いする場合には、任意整理の「委任契約」締結が必要です。

その後、すぐに弁護士・司法書士は、七十七銀行・仙台銀行へ「受任通知(あなたから任意整理の手続きを正式に委任されたことが書かれた書類)」を発送します。

七十七銀行・仙台銀行は受任通知を受け取った時点から、あなたに対する借金の取り立て行為が行えなくなるため、借金の返済が一時的にストップになり、任意整理に専念できるようになるのです。

いっぽう、受任通知の発送と同時に、弁護士・司法書士は七十七銀行・仙台銀行に「取引履歴の開示請求」を行います。

七十七銀行・仙台銀行から取引履歴が開示されると、弁護士・司法書士によって引き直し計算(法定金利の上限で借金額を再計算すること)が実施され、正しい借金額を確定していくのです。

七十七銀行・仙台銀行との合意

弁護士、司法書士が和解提案書を作成して、七十七銀行・仙台銀行に送付します。

七十七銀行・仙台銀行と交渉した結果、希望する条件で合意できた場合は、和解契約書を締結して任意整理は終了です。

借金返済スタート

七十七銀行・仙台銀行と和解した内容に基づき、あなた自身による借金の返済がスタートします。

なお、弁護士や司法書士に任意整理の手続を依頼すれば、数回面談するだけで、実際にあなた自身がやることはほとんどありません。

七十七銀行・仙台銀行とのやり取りはすべて弁護士・司法書士に任せることができますので、あなたの生活や仕事にはほとんど影響はないでしょう。

また、「家族に内緒にしてほしい」旨を面談のときにお願いしておけば、同居した家族にバレずに任意整理することも可能です。

早ければ3ヶ月程度で手続が終わることもありますので、任意整理は忙しい方にもおすすめの債務整理といえます。

まとめ

■七十七銀行・仙台銀行のカードローンは任意整理できる

■メリット
└将来的に発生する利息と遅延損害金をカットして60回の分割払いにしてもらえる
└特定の借金を整理対象から除外できる

■デメリット
└ブラックリストに載る
└七十七銀行・仙台銀行の口座が凍結される
└七十七銀行・仙台銀行から借金できなくなる
・七十七銀行・仙台銀行のカードローンには過払い金は発生しない
・七十七銀行・仙台銀行のカードローンの任意整理にかかる期間は、3~6ヶ月程度

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分