(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

債務整理で面談義務がある理由とは?

司法書士とパラリーガル

「なんで債務整理の依頼をするとき、面談しないといけないのかな?」

債務整理を司法書士事務所に依頼する際、電話などで司法書士と話すと「それでは一度、当事務所に来てください」といわれるはずです。

司法書士事務所に行ったこともない人にとっては、ちょっと緊張しますよね。

ところでなぜ、依頼をする際は面談義務があるのでしょうか?

今回はこの点について詳しく解説いたします。

面談をしない司法書士には注意するべき

債務整理を依頼する人の大半が、司法書士と面談するのは初めてという人でしょう。

この面談については「できれば無しでお願いしたい」と、思っている人もいるかもしれませんね。

ですが、面談なしであっさり引き受けるような事務所は、ちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。大半のまともな司法書士は面談なしの依頼を引き受けないからです。

残念ながら世の中にはまともではない司法書士は存在します。

着手金だけをぶんどって仕事をしなったり、過払い金を横取りしたり、後だしで過剰請求したりする司法書士です。

まともではない司法書士にひっかからない為にも、面談なしでの依頼は避けたほうが無難なのです。

また司法書士のふりをした事務員に面談の相手をさせる司法書士事務所にも注意しましょう。

司法書士は基本的に面談なしでの依頼は引き受けない

一応「業界のルール」としては、「面談なし」で債務整理の依頼を引き受けることはNGとなっています。

債務整理をやる上で、依頼主と専門家との信頼関係の構築は不可欠となるためです。

また本当に本人からの依頼なのかどうかを確かめることも重要です。

本人ではない人からの虚偽の依頼(詐欺など)である可能性もあるからです。

たとえば任意整理の場合なら、過払い金を本人ではない人に手渡すことにもなりかねません。

このような理由から、原則債務整理の依頼をする際、専門家は直接本人と面談し、確認書類の提出を求めて、本人であることを確認することがルールとなっています。

一歩間違えば、詐欺犯罪に手を貸したことになり、司法書士事務所の信頼に傷をつけかねないからです。

以上が、あくまで司法書士事務所側のルールではありますが面談が必要な理由です。

まともな司法書士が必ず面談をする事情がお分かりになったかと思います。

どうしても面談に行きたくない場合は?

それではもし、司法書士事務所に出向きたくないと希望する人がいた場合はどうするのでしょうか?

出張面談を行ってくれる司法書士事務所もあります。

出張面談は時間も場所も融通が利く場合が少なくないので、もし夜が遅くなるとか近所のレストランで面談したいとか希望があれば電話で伝えましょう。(ただし司法書士事務所によっては出張面談ができない所もあります)

またどうしても!ということであれば、電話だけで依頼を受けることができる事務所もあります。

だからといってその事務所が怪しいことはありませんが、基本的には面談なしの手続きは行わないのが普通という点は留意しておくべきでしょう。

任意整理なら1回の面談で済む

債務整理の手続きによって、対応が簡単になったり複雑になったりします。

もし任意整理ならば、一回面談すればあとは司法書士にまかせてOKです。

直接面談して契約書の取り交わしをおこなった後は、メールや電話だけでのやり取りで十分です。

面談の際の注意点

債務整理する際、司法書士などの専門家に依頼するのは一般的なことです。

まず、インターネットなどで事務所を検索して問い合わせましょう。

問い合わせフォームや電話などで状況を軽く話して、実際に対面で相談する日のアポをとる、という流れになります。

相談して「この人なら任せられる」と感じられることが重要です。

なお依頼する際は、使用しているカードの他に身分証明書や印鑑、すべてのクレジットカードの提出が必要です。

その後「委任状」にサインして正式に依頼することになります。

債務整理の依頼の面談内容とは?

司法書士が、面談であなたにヒアリングすることは主に、

①借金額

②収入や支出

③資産の有無や状況

...などです。

また、あなたの借金の理由や生活態度など、お金一般にかかわるいろんなことを質問されると思います。

大切なのは、事実を包み隠さず相手に伝えることです。

依頼主が恥ずかしがったり気後れしたりして、この「司法書士に本当に伝えないといけないことを、伝える」ということが出来ていないケースがあります。

それが仇となり、後々手続きに不利が生じることがある為です。

説明が分かりにくい司法書士には依頼しない

債務整理に強く、経験豊富な司法書士は相談者に対しての説明もわかりやすいと言われてます。

数多くの借金問題を解決してきた司法書士ほど、被害者の立場を理解する共感能力も高いので、相手がどのような不安を抱いているのか、そしてどのように解決に導いてあげればよいのか、熟知しています。

説明が専門用語だらけで、話が独りよがりで分かりにくい司法書士は、依頼しないでください。

相互理解と信頼が生まれにくいので、依頼後にトラブルとなる可能性もあります

まとめ

債務整理では面談なしで依頼を引き受けることは、基本的にできません。

一方で、面談なしで依頼を引き受ける事務所がない訳でもありません。

もし面談なしで依頼する場合は、細心の注意を払う必要があります。

相手がまともな司法書士なのか、隈なくチェックするべきでしょう。

どの道、借金問題は放置するほど状況が悪化するので、早期に司法書士事務所に相談することがベストです。

そして、できれば相手の司法書士と密にコミュニケーションを取ったほうが、後のトラブル予防の為にも有効です。

  • 「業界のルール」としては、「面談なし」で債務整理の依頼を引き受けることはNGとなっている
  • 基本的には、まともな司法書士ほど必ず面談をする
  • 電話だけで依頼を受けることができる司法書士事務所もないわけではない
  • 面談の際は、事実を包み隠さず相手に伝えることが重要

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分