(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

債務整理を依頼する優良事務所の見分け方とは?

司法書士とパラリーガル

「債務整理をしたいのだけど、どうやって専門家を探せばいいんだろう?」

借金問題でお悩みの人は、まずは司法書士や弁護士に相談することをお勧めいたします。

ただ、はじめてのことなので、どうやって弁護士を探せばよいのか分からずに一歩を踏み出せない...という人も少なくない筈です。

そこで今回は、債務整理を依頼する優良事務所の見分け方について、詳しく解説してまいります。ぜひご参考にしてください。

優良事務所を見極める為のポイント

当然ですが、司法書士や弁護士は適当に選んでは駄目です。借金問題に強く、経験豊富な人に依頼しないと、意味がありません。

下記にて、優良事務所を見極める為のポイントを整理いたしました。

非弁提携の事務所にご注意

司法書士や弁護士と提携しているだけで、その実態は弁護士不在の(自称)法律事務所が存在するので注意してください。

その事務所は司法書士や弁護士と相談者の仲介をしているだけで、債務整理の委託依頼をすると、提携している司法書士や弁護士に仕事をまわしているのです。

「非弁提携の事務所」と呼ばれています。

債務整理を依頼してトラブルになる大半が、この非弁提携の事務所との絡みだったります。

要するに、ただの仲介業者なのだからトラブルに発展しても不思議ではない訳ですね。

したがって、まずは依頼する事務所が「非弁提携の弁護士事務所」か否かをきちんとチェックすることが肝心です。

借金問題について解決の実績を重視する

債務整理などの借金問題の解決には、法律知識以上に、カード会社や裁判所(およびその関係者)との折衝能力が求められます。

その司法書士や弁護士が、どれだけ場数を踏んでいるかが、結果に直結することになります。

もし司法書士や弁護士へ債務整理の依頼を考えているのであれば、借金問題の解決実績があるのかどうかを、必ず確認してください。

司法書士・弁護士事務所のHPをチェックしたり、依頼前の相談で質問をしれば、大体は判ります。

依頼先を探す時は、解決実績の有無で決めましょう。

説明が分かりにくい事務所には依頼しない

債務整理に強く、経験豊富な司法書士や弁護士は相談者に対しての説明もわかりやすいと言われてます。

数多くの借金問題を解決してきた弁護士ほど、被害者の立場を理解する能力も高いので、相手がどのような不安を抱いているのか、そしてどのように解決に導いてあげればよいのか、熟知しているからです。

反対に、説明が専門用語だらけで、話が独りよがりで分かりにくい司法書士や弁護士は、依頼しない方がよいでしょう。

もし実績があったとしても、相互理解と信頼が生まれにくいので、依頼後にトラブルとなる可能性もあります

人間的な相性も重要

最終的には、面談してみた結果、その司法書士や弁護士なら依頼しても大丈夫だと、依頼主が感じられるかどうかが、もっとも重要です。

その為にも、依頼する側も、司法書士や弁護士には自分の状況を、隠さず伝えることが必要となります。

依頼主が恥ずかしがったり気後れしたりして、この「司法書士や弁護士に本当に伝えないといけないことを、伝える」ということが出来ていないケースがあります。

それが仇となり、後々債務整理の手続きに不利が生じることがある為です。

なので事務所選びでは、自分と司法書士や弁護士との人間的な相性が肝となります。

実績も大事ですが、と同時に自分の感覚も参考にしてください。

悪徳事務所にご注意

世の中には、にわかに信じがたいような詐欺師めいた悪徳事務所が存在します。

契約して着手金を支払ったが最期、逆に借金問題が悪化したというケースもあるのです。

どのような悪徳事務所がいるのか、下記にて整理いたします。

着手金を受け取った後、まじめに働かない事務所

中には、不真面目な司法書士や弁護士もいるようです。

依頼後着手金を支払って、カード会社に受任通知を送ったのはよいものの、その後司法書士や弁護士がなんの手続きも行わず、状況が進展せずに依頼主が困ってしまう...というケースがあるのです。

債務整理の手続きが進まないと、その期間分の利息はかさんでいきます。

数ヶ月~1年以上となると利息の免除やカットが難しくなることもあります。

もちろん長引いている分、交渉も難航することになります。

もうこのような状況になったら仕方がありません。

さっさと契約を破棄して、まともな司法書士や弁護士に依頼しなおした方が賢明です。

ピンハネ事務所が存在する

2008年以前より借金がありカード会社に過剰に返済していた場合は、過払い金請求が出来るのですがその過払い金をピンハネする弁護士がいるようです。

過払い金について理解していない依頼主の無知をいいことに、過払い金で返還された金額をごっそりピンハネして、より少なく返還金を報告するケースや、カード会社との交渉内容をブラックボックスにして、満額の返済ではなかったと嘘をつくケースもあります。

対応策としては、どのくらいの過払い金で合意するのか否か、最終的にはあなたが決定する旨を伝えることです。

すべてを司法書士や弁護士任せにするのはリスクがあります。

費用についてきちんと説明をしないい事務所に注意

費用について、最初の面談で話そうとしても曖昧にする事務所にはご注意ください。

費用のことを正直に話すと、契約に至らないケースがあるのであえて曖昧にしているのです。

また費用が債務整理後のリターン分を優にオーバーする「費用倒れ」も心配ですね。

契約後、鬼の首をとったかのように態度が豹変して、隠していた費用を請求してくる事務が存在します。

トラブルの元になるので、最初の面談できっちり誠実に費用についても説明してくれる事務所を選ぶようにしましょう。

まともな法律事務所は、きちんと見積もりして費用を提示してくれます。

債務整理の費用と期間の相場

最後に、債務整理の費用と期間についてざっと確認しておきましょう。

 

任意整理

個人再生

自己破産

借金への効力

毎月の返済額を調整

最大9割減

許可あれば借金ゼロ

手続き期間

46ヶ月

68ヶ月

68ヶ月

裁判費用

0

30万円程度

同時廃止:3万円程度

管財事件:25万円程度

司法書士や弁護士などの

交渉の依頼費用

カード会社1社あたり

35万円

20万円程度

30万円程度

手続き後の返済

35

35

-

ブラックリストに載せられる期間

5年間

510年間

510年間

財産

残せる可能性がある

残せる可能性がある

残せない可能性が高い

債務整理のそれぞれの手続きの違い

その他、ぞれぞれの債務整理の手続きの違いを下記に整理いたします。

①任意整理

    …裁判所を使わない手続きで、およそ3〜5年・分割で借金の元本だけを返す

②個人再生

    …裁判所を使う手続きで、原則3〜5年・分割で借金を返す

③破産

    …裁判所を使う手続きで、借金を払わない

司法書士に債務整理を依頼する時の注意点

2003年に司法書士法が改正されて、法務省の認定を受けた「認定司法書士」には、カード会社への示談交渉権や、簡易裁判所代理権が認められるようになりました。

このため、債務整理手続きについては、弁護士同様、司法書士も代理人となることが可能となりました。

ただし、司法書士に債務整理手続きの依頼する場合はいくつか注意すべきポイントがあります。下記に整理します。

司法書士に依頼するメリット

司法書士に依頼するメリットは、弁護士よりも費用が安いことです。

「着手金なし」の事務所も少なくありません。

もっとも司法書士は弁護士のように、法的手続き全般を扱える訳ではありません。

借金の金額や状況、複雑な交渉を要する場合は、弁護士に依頼した方がメリットが大きいケースも少なくありません。

司法書士のデメリット

次に、弁護士と比較した時の、司法書士のデメリットについて、下記に整理いたします。

司法書士に依頼できないケース

債務整理の対象としたい借金が140万円を超える場合は、司法書士に依頼することはできません。

カード会社1社からの借金が140万円を超える場合は、依頼どころか相談も応じてはならない、という決まりがあります。

もし万が一、応じてしまった場合は、弁護士法違反となります。

ただしこの140万円という閾値は借金の総額ではありません。

例えば、カード会社3社から100万円ずつ、総額300万円の借金を借入していた場合は、司法書士に債務整理を依頼しても問題ありません。

過払い金が140万円を超えてもダメ

多額の過払い金が発生する場合も、司法書士に依頼することは出来ません。

カード会社1社あたり140万円の過払い金が発生している案件については、司法書士は依頼を引き受けてはいけない、というルールがあるのです。

つまり、借金でも過払い金でも140万円のボーダーラインを超えてはならないのです。

裁判所での訴訟がもつれると不利

もし司法書士に依頼して、簡易裁判所での訴訟がもつれて、相手側が控訴したら、司法書士は問題にタッチできなくなります。

その場合は、また新たに弁護士を探して依頼する必要があります。

こうなると、債務整理手続きにかかる費用は司法書士の方が安い、というメリットもなくなるので、注意すべきです。

借金の状況を冷静に分析して、リターン分はどの程度か、裁判の可能性があるのか否か、きちんと判断して専門家を選ぶ必要があるのです。

まとめ

司法書士や弁護士を探すことは特別なことではありません。

なので、今回の記事で紹介したポイントをしっかりとおさえて行動していけば、弁護士選びも失敗せずに済みます。

司法書士や弁護士の人柄や、費用、交通事故問題の解決の実績など、ひとつひとつ把握していけば、必ず良い事務所を探せます。

そして、借金問題を解決するためには、債務整理に詳しい司法書士や弁護士に依頼することが、肝心なポイントです。

まずは法律相談を受けてみて、信頼できそうな司法書士や弁護士かどうか、じっくり確認してみましょう。

  • 債務整理を依頼する事務所の選び方で重要なのは、借金問題の解決の実績の有無
  • 債務整理の実績だけではなく、司法書士や弁護士の人柄と相性も重要
  • 面談では包み隠さず悩みを打ち明けるべき
  • 弁護士がよいか司法書士がよいのか、きちんと判断することも重要

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分