(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

保証人付き借金を債務整理する場合の注意点とは?

司法書士とパラリーガル

「債務整理したいが保証人に迷惑がかからないか不安」
「債務整理で保証人に迷惑をかけない方法はないのか」

などと、返済が苦しくても保証人に迷惑をかけてしまうことを恐れて、債務整理することにためらいを持つ方は実に多いです。

実際、債務整理をする場合、保証人には必ず何らかの影響を与えることになります。(しかし、方法によってはその影響を限りなくゼロにできる可能性もあります。)

さらに保証人が連帯保証人なら、迷惑をかけること避けられないかもしれません。

保証人付きの借金を整理するとき、どのようなことを頭に入れておかなければいけないのか、くわしく説明していきます。

保証人と連帯保証人では責任の重さが違う

保証人の場合

いわゆる通常の保証人は、お金を借りた人が返済できなくなった場合のみ、代わりに返済することになります。

もしもお金を借りたカード会社(消費者金融・クレジットカード会社・銀行)から返済の請求をされても、「先にお金を借りた本人に請求するか本人の財産を差し押さえてください」と反論する権利があります。

連帯保証人の場合

連帯保証人は、お金を借りた人が返済できなくなった時に限らず、請求が来たらそれに反論する権利を持ちません。

つまり、お金を借りた人とほとんど同じ立場にいるといえます。(しかし、お金を借りた人が自己破産した場合、方法によっては、お金を借りた相手に請求できる場合があります。)

強力な担保になるということもあって、保証人をつける借金は、連帯保証人をつけることがほとんどです。

債務整理すると保証人が請求を受ける場合もある

手続きの種類によっては保証人が請求を受ける

債務整理は借金を減らしたりなくしたりするための手続きです。

任意整理・個人再生・自己破産などの種類があります。

任意整理は元本が回収できるということもあり、滞納がなければ保証人に請求がいくことはほぼありません。

しかし個人再生や自己破産は借金が全額回収できないので、保証人に一括で請求がいく可能性があります。

保証人もブラックリストに載る可能性がある

信用情報機関に保証人になった事実が登録される

自分の借金ではないのだからブラックリストにのることはないはず、と思われるかもしれません。

しかし、カード会社に借金をしている場合、信用情報機関(カード会社が加盟している公的な機関)に保証人であることが登録されます。

場合によっては保証人のカードやローンの審査に影響が出ることも

お金を借りた人が延滞したり債務整理を行ったとします。

その際、保証人が代わりに返済できず、延滞したり債務整理した場合は、保証人の個人情報にマイナスの情報が登録されます。

カード会社が加盟している機関や、滞納の期間にもよりますが、5年から10年の間、カードやローンの審査に影響が出る場合があります。

いわゆる、ブラックリストに載る、というものです。

債務整理すると保証人の身内にも影響を与える可能性がある

信用情報機関にマイナスの情報が登録されると連帯保証人になれない

もし保証人が代わりに返済できずに延滞したり、債務整理をすると、信用情報にマイナスの情報が登録されます。

マイナスの情報が登録されると、5年から10年の間保証人になることができません(期間は手続きの種類によります)。

つまり、連帯保証人をつけることが必須である、奨学金などの保証人にはなれません。

子供がもし奨学金が必要になった場合、保証人になってあげることができないのです。

このように、保証人の身内にも何らかの影響を与える可能性があります。

保証人がいる場合の債務整理

任意整理

任意整理とはお金を貸し借りした者同士で話し合い、返済する期間を長くしてもらったり、利息や延滞金をカットしてもらう手続きのことです。

任意整理の話し合いがまとまり、返済計画が順調に進んでいるなら、保証人が請求されるようなことはありません。

しかし、任意整理後に返済ができなくなったら、保証人が代わりに返済することになります

代わりに返済できなかった場合、信用情報に約5年の間マイナスの情報が登録されます。

しかし、方法によってはそのような事態を避けられるかもしれません。

任意整理の一番のメリットは、整理する対象を選べることです。

保証人付きの借金を対象から外し、返済を行っていけば、保証人に迷惑はかかりません。

保証人付きの借金を整理するなら最もおすすめの方法です。

個人再生

個人再生とは地方裁判所に再生計画を申し立て、借金を減らしてもらう手続きのことです。

個人再生した場合、保証人には必ず影響を与えることになります。

なぜなら、お金を借りた人が個人再生した場合、カード会社は保証人に対して、返済してほしい金額を一括請求するからです。

もしも、保証人の方が先に返済を終えた場合は、お金を借りた本人に、多く払った分を請求することができます。

自己破産

自己破産とは地方裁判所に財産を分配することを申し立て、借金をすべてなくしてもらう手続きのことです。

お金を借りた人が自己破産した場合、保証人に一括で請求がいく可能性があります。

  1. 自己破産前に保証人が一部または全額返済していた場合、保証人は配当に応じた金額を請求できる可能性があります。
  2. 破産手続き後に一部のみを返済していた場合、保証人に返済される可能性はほぼありません。
  3. 自己破産手続き後に保証人が全額を返済していた場合、裁判所に破産届という書類を提出していれば、保証人はお金をかりた人に請求できる可能性があります。

保証人も一緒に債務整理する場合

保証人の返済の負担は減るが納得してもらえない可能性も

お金を借りた人と一緒に債務整理することで、借金を減額したり免除してもらえたりして、保証人の返済の負担を減らすことが可能です。

しかし、すでに説明したとおり、債務整理すると信用情報にマイナスの情報が登録されますので、カードを作ったりローンを組むことができなくなったり、新たに保証人になることができなくなったりします。

保証人が夫婦や親兄弟なら納得してもらえるかもしれませんが、友人などの第三者の場合は了承してもらうことが難しいかもしれません。

その場合は、任意整理で保証人付きの借金を対象から外すことがおすすめです。

まとめ

  •  債務整理すると保証人に影響を与える可能性が高い
  • 連帯保証人はお金を借りた人とほぼ同じ立場にいる
  • 債務整理すると保証人が返済請求される可能性がある
  • 保証人が代わりに返済できなければ信用情報に傷がつく
  • 保証人の信用情報に傷がついた場合その身内にまで影響を与える可能性がある
  • 保証人付き借金を債務整理するなら整理対象が選べる任意整理がおすすめ
  • 個人再生は保証人に一括請求されるが一部返済される可能性がある
  • 自己破産は保証人に一括請求されるが方法によっては返済される可能性がある
  • 保証人も一緒も債務整理すれば負担は減るが信用情報に傷がつくし納得してもらえないかもしれない

今回の記事で、債務整理した場合の保証人に与える影響がおわかりになったと思います。

もしも保証人付きの借金を債務整理する場合は、慎重な対応が必要になります。

保証人に迷惑をかけない債務整理のの方法を個人で考えるのは難しいと思われますので、専門家である司法書士や弁護士に依頼するのがおすすめです。

保証人の方とあなたの未来のためにも、まずは無料相談などを利用し、お悩みを相談してみてはいかがでしょう。 

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分 仙台駅からのアクセスはこちらをクリック

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分