(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

専業主婦の借金を解決するベストな債務整理とは?

司法書士とパラリーガル

「専業主婦が家族にバレずに債務整理をすることは可能?」
「専業主婦が債務整理をすることで家族に迷惑がかかる?」

専業主婦の人でも、結婚前にカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行) からの借金があったり、生活費の工面で家族に秘密でお金を借りたりして、返済に苦労している人がいます。

このような場合、「家族に秘密で借金をどうにかしたい」と望んでいる人も多いですが、実際に家族に秘密で債務整理を行うことは可能なのでしょうか。

本ページでは、専業主婦でもできる債務整理の種類や、債務整理が家族にもたらす影響などについてご説明します。

専業主婦でもできる債務整理とは?

専業主婦でも任意整理・自己破産などの債務整理を行うことが可能です。

専業主婦とは、一般的に仕事に就かず、家事を専業して行う人のことをいいますが、近年では、フルタイムの仕事に就かないものの、配偶者の扶養の範囲内でパートタイマーや在宅ワークなどを行い、多少の収入がある人もいます。

以下では、専業主婦の人が債務整理を行う場合について、収入がある人とない人に分けてご説明します。

収入がある場合―任意整理を検討

専業主婦ではあるものの、多少の収入がある人の場合、任意整理を検討しましょう。

任意整理とは、司法書士・弁護士とカード会社の直接交渉によって行われる債務整理で、利息の免除と支払期間の延長が可能です。

任意整理のメリットは、家族に秘密で債務整理できる可能性が高いことです。

前述の通り、任意整理は司法書士・弁護士とカード会社の直接交渉によって行われるため、裁判所を通じて行われる個人再生・自己破産といったその他の債務整理と比較すると、手続きも容易で、同居している家族にもバレにくいといわれています。

司法書士・弁護士に依頼する段階で「家族には秘密にしたい」という旨を伝えれば、司法書士・弁護士も郵送物や連絡手段の面で、家族にばれないように考慮してくれます。

ただし、任意整理の場合、免除されるのは利息のみで、元本は3〜5年かけて支払っていかなければなりません。

たとえば、100万円の借金を任意整理する場合、将来かかる利息は免除されますが、元本の100万円はきちんと返済していく必要があるため、月々の支払いが必要です。

仮に5年(60回払い)と想定すると、毎月1万7千円程度の支払いが必要になるということです。

借金の総額が高額であればあるほど、毎月の返済額も高額になります。

そのため、家族に秘密で任意整理を行う場合は、毎月の返済額を自分で工面する必要があるわけです。

収入がなくても家族からの協力があれば任意整理は可能

前述の通り、任意整理は債務整理のなかでも家族に秘密で行いやすい手続きです。

とはいえ、手続き後、借金の元本を3〜5年かけて返済する必要があるため、収入のない専業主婦が家族に秘密で任意整理を行うことは難しいでしょう。

しかし、借金があることを家族に伝え、家族から金銭的な協力を受けられる場合であれば、収入のない専業主婦でも、任意整理を行うことができます。

そのため、借金について家族に相談できるのであれば、家族からの協力を仰ぎ、任意整理を行うのもよいでしょう。

収入がまったくない場合―自己破産を検討

専業主婦で、収入がまったくないという人の場合、自己破産を検討するのがよいでしょう。

自己破産とは、裁判所を通じた債務整理で、借金の利息・元本がともに免除される手続きです。

認められれば、借金が0になるため、手続き後の返済義務がなく、収入のない人でも手続きを行うことができます。

ただし、自己破産は、借金の原因がギャンブルや浪費などであった場合、裁判所に認めてもらえない可能性があります。

ギャンブルや浪費による借金である場合は、司法書士・弁護士に相談し、自分に適した債務整理を検討しましょう。

また、自己破産を行う場合注意すべきことは、借金が0になる代わりに、自分名義の貯金や生命保険、腕時計、ジュエリーなどの高額財産を没収されてしまうことです。

貯金や財産を多くもっている人は、それらを没収されることになりますので、ご注意ください。

財産の没収を避けたい場合は、家族に相談し、任意整理など他の手段も検討するとよいでしょう。

自己破産は家族に秘密でできる?

自己破産は裁判所を通じた債務整理であるため、家族に秘密で行うことは難しいです。

自己破産の手続きでは、同居している家族の給与明細等を提出する必要があります。

これらの書類を家族に秘密で集めることは難しいので、手続き前に家族に伝えることが必要になるでしょう。

また、自己破産後は「官報」とよばれる行政が発行している文書に、自己破産を行った人の個人情報が掲載されます。

官報をみられてしまえば、家族に秘密で手続きをしていた場合でも、自己破産をしたことが知られてしまうでしょう。

専業主婦が債務整理をしたら家族に迷惑がかかる?

債務整理をすると、家族に迷惑がかかるのでは?と心配する人もいます。

たとえば、「自分が任意整理をしたら、夫名義の住宅ローンが組めなくなるのでは?」という心配や、「自分が自己破産をしたら、他の家族のクレジットカードも止められてしまうのでは?」という心配などです。

債務整理は、基本的に本人のみに影響が及ぶもので、家族への影響はありません。

そのため、あなたが債務整理を行ったあとでも、ほかの家族名義で住宅ローンを契約することは可能ですし、他の家族は今まで通りクレジットカードを使用することができます。

債務整理を検討するときは司法書士・弁護士へ相談

借金の返済が難しくなり、債務整理を検討するときは、債務整理に強い司法書士・弁護士に相談しましょう。

司法書士・弁護士事務所では、あなたの収入や借金の状況、家庭の事情などを考慮し、その人に合った債務整理を提案してくれます。

借金に困っている人のために、無料で相談を承る事務所もありますので、実際に債務整理に踏み切るかどうか悩んでいる人でも、気軽に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

■専業主婦でも債務整理を行うことは可能

■本人に収入がある場合、任意整理を検討
・任意整理とは利息の免除と支払期間の延長ができる債務整理
・裁判所を通さないので家族に秘密で債務整理できる
・家族に支払いの協力を得られる場合、無収入でも任意整理が可能

■本人に収入がない場合、自己破産を検討
・自己破産とは利息・元本の免除が可能で借金が0になる債務整理
・同居する家族の収入状況などを提出する必要があるため、家族に秘密で行うことは難しい

■あなたが債務整理を行っても家族の信用情報に傷はつかない
・他の家族名義で住宅ローンの契約などを行うことは可能

債務整理の関連トピック

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分