(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

法テラスで債務整理するときの費用は?メリット・デメリットは?

司法書士とパラリーガル

「法テラスなら手持ちのお金がなくても債務整理できるって本当?」

「法テラスで債務整理をするデメリットが知りたい!」

多額の借金を抱え、債務整理の依頼を検討中の方にとって、費用がいくらかかるのか?は、とても大きな問題です。

債務整理をお考えの方は、当然お金に困っている方です。

債務整理には通常、数万円〜数十万円の費用がかかるので、費用が心配で債務整理を躊躇している方も多いのではないでしょうか?

そんな方々におすすめなのが、法テラスの「民事法律扶助制度」です。

法テラスでは、無料の法律相談を実施し、あなたに債務整理を依頼できる弁護士・司法書士を紹介してくれます。

さらに、弁護士費用は法テラスが全額立て替えてくれ、費用は少額ずつの分割返済が可能です。

それだけでなく、弁護士への報酬も規定により所定の金額に定められているので、一般的な事務所に依頼するよりも費用が大幅に安くなるケースがあります。

ただし、法テラスで援助を受けるには、収入等の条件を満たしていなければなりません。

また、法テラスの利用には少なからずデメリットも存在します。

この記事では、法テラスを利用する際のメリット・デメリットについて解説します。

合わせて、法テラスの利用にかかる実際の費用や法テラスの連絡先についてもお伝えします。

法テラスとは

法テラスは「司法のセーフティーネット」

法テラスとは、国により設立された法的トラブル解決のための機関です。

所得の低い方にも、法定救済がはかれるような社会を構築するという目的で、法テラスは設立されました。

法テラスの「民事法律扶助制度」を利用すれば、経済的な理由で弁護士に相談できずに困っていた方も、法的支援を受けやすくなります。

法テラスでは、無料の法律相談を実施しています。

債務整理などの金銭トラブルだけでなく、離婚や相続、損害賠償など、様々な民事事件について相談が可能です。

また、弁護士・司法書士に支払う報酬は所定の金額が定められており、ほとんどの事務所よりも安い料金で専門家へ依頼することができます。

さらに、弁護士・司法書士への依頼費用は一旦、法テラスが立て替えてくれます。

立替金は、月々5000円または10000円ずつ分割返済することができます。

所得が低い方や借金の返済でお金が手元にない方が、法的な救済が必要な場合、法テラスはとても有益なものです。

法テラスの民事法律扶助制度は、いわば「司法のセーフティーネット」です。

法テラスを利用する流れ

法テラスを利用する大まかな流れとしては、無料相談と援助申し込みの後、条件に合うか審査が行われます。

審査に通ると相談や手続きの援助(立て替え)を受けられ、事件進行中または終了後に立替金の返済を行うという流れになります。

法テラスの法律無料相談

法テラスの法律無料相談を受けるには、まず、お近くの法テラスまで、電話または直接窓口へ行って問い合わせをしてみましょう。(仙台の方は『法テラス宮城』)

問い合わせの際、法テラスを利用できる条件を満たしているかどうか、口頭で確認されるようです。

条件に合えば、無料法律相談の予約をとることができます。

後日、予約の取れた日時に法テラスへ相談に向かいましょう。

法テラス宮城では、法律相談の予約待ちが約1週間となります。

当日は、予約時に聞いた必要書類を持参し、援助申込書を記入して援助を申請しましょう。

法テラスの利用条件

法テラスの利用条件は、以下の通りです。

(1)収入・資産が一定額以下である。

(2)勝訴の見込みがないとは言えない。

(3)民事法律扶助の趣旨に適する。

無料法律相談を受けることができるのは、(1)と(3)を満たす方です。

さらに弁護士・司法書士費用の立て替え制度を利用するには、(1)〜(3)全ての条件を満たしていなければなりません。

(1)の条件は「資力基準」と呼ばれ、「収入要件」と不動産・預貯金等の「資産要件」のがあります。これらの要件は両方満たしていなければなりません。

例えば、1人世帯の場合、手取り月収は18万2000円以下(東京・大阪などでは20万200円以下)、資産の合計額は180万円以下と基準が定められています。

これらの条件に合わなければ、無料の法律相談も費用の立て替えも受けるとはできません。

配偶者がいる場合や同居の家族がいる場合は収入が合算されることがあり、基準額も変わってくるので、詳しくは法テラスのホームページ等で確認しましょう。

また、(2)の条件では、債務整理を行う場合、自己破産の免責や再生計画の認可を受ける見込みがあれば、勝訴の見込みがあると言え、条件を満たすと考えられます。

法テラスの費用

弁護士・司法書士費用の立て替え

法律相談で弁護士・司法書士へ依頼することが決まり、審査に通過したら、費用の立て替え制度を利用することができます。

必ずしも法テラス指定の弁護士・司法書士へ依頼する必要はなく、自分で選んだ専門家に法テラスを利用した費用の立て替え制度を使ってもらうという条件で依頼することもできます。

立て替え制度を申し込むには、次の3つの方法があります。

①法テラス宮城に電話して、そこに常勤する弁護士・司法書士に依頼する。

②法テラス宮城に電話して、近くの弁護士・司法書士事務所を紹介してもらう。

③法テラスに登録している弁護士・司法書士をH Pや法テラスの名簿等で探し、事務所へ直接相談に行って、法テラスへ利用の申込を持ち込んでもらう。(持ち込み方式)

① 、②の場合、弁護士や司法書士を自分で選ぶ事はできません。

どんな弁護士・司法書士に当たるかは運次第で、必ずしも相性の良い弁護士や債務整理の経験が豊富な弁護士が担当してくれるとは限りません。

逆に、③の場合は依頼する弁護士・司法書士を自分で選択することができるので、相性の良い、信頼できる専門家に依頼することができます。

なお、①〜③のどの方法を選択した場合でも、債務整理にかかる費用は所定の金額になっており、同じ金額です。

持ち込み方式を利用したい場合は、相談時に自分から法テラスの立替制度を利用したい旨を弁護士・司法書士に伝えましょう。

弁護士側としては法テラスを利用すると報酬が少なくなるケースがほとんどです。

ですから、弁護士・司法書士の方からわざわざ立替制度について知らせてくることは稀で、自分から法テラスの利用をお願いするようにしましょう。

法テラスの債務整理費用

法テラスの債務整理費用は定まった金額が規定されています。

裁判所への予納金は別途必要ですが、費用は以下の通りです。

任意整理(債権者数1社)の場合

着手金33000円、実費10000円、合計43000円

法テラスを利用した場合、多くの弁護士事務所で発生する減額報酬は発生しません。

これも大きなメリットです。

個人再生(司法書士へ依頼)の場合

着手金110000円、実費20000円、合計130000円

個人再生(弁護士へ依頼)の場合

着手金165000〜330000円、実費35000円、合計200000〜365000円

法テラスの報酬基準では、住宅ローン特則を利用しても料金が上乗せされる事はありません。

また、個人再生では裁判所へ支払う予納金が別途必要です。予納金は法テラスの建て替え制度の対象外となります。

自己破産(司法書士へ依頼)の場合

着手金88000円、実費17000円、合計105000円

自己破産(弁護士へ依頼)の場合

着手金132900〜280761円、実費23000円、合計155900〜303761円

自己破産も、別に裁判所への予納金が必要になります。

この法テラスの報酬基準額より安い設定の弁護士・司法書士事務所はほとんどありません。

債務整理の費用を抑えるためには、法テラスを利用するのが最も合理的な手段だと言えるでしょう。

立て替え費用の返済

上記の高額な弁護士・司法書士費用は、法テラスが一旦立て替えてくれます。

法テラスの立替金は、月々5000円または10000円ずつの支払いで、分割払いが可能です。

一般的な法律事務所では、通常2〜5万円程度の分割払いを求められることがほとんどですので、法テラスの安さがよくわかるでしょう。

多重債務で苦しむ方にとって、手持ちのお金がなくても専門家に債務整理を依頼できるのは、大きなメリットです。

月々の返済額も少額ですので、法テラスを利用すれば無理なく生活を立て直すことができるでしょう。

法テラスを利用する際の連絡先

法テラス宮城

仙台にお住まいの方は、まず『法テラス宮城』に連絡してみましょう。

電話番号は、0570―078369です。

所在地は、仙台市青葉区一番町3丁目6番1号一番町平和ビル6階で。J R仙台駅から徒歩9分のところです。

営業時間は、平日の9時〜17時で、土日及び祝日は定休日です。

なお、無料法律相談の開催時間は、平日の10時〜12時、13時〜16時と時間が限られています。

相談の予約待ちは1週間ほど発生していますので、電話をしてすぐに相談ができるわけではありません。

まずは電話で予約を取り、指定された日時に法テラス宮城に向かいましょう。

その際、必要書類を持参し、援助を受けることが決まれば援助申請書を記入しましょう。

法テラスのメリット

法テラスを利用するメリットをまとめると、

  • 手持ちのお金がなくても債務整理を依頼できる。
  • 債務整理の費用が安くなる。
  • 立替金を5000円からずつ分割返済できる。

という点が挙げられます。

費用面から債務整理に踏み出せなかった方にとって、法テラスの民事法律扶助はうってつけの制度です。

それでは、反対に、法テラスを利用する際のデメリットはあるのでしょうか?

以下ではポイントを説明していきます。

法テラスのデメリット

法テラスのデメリット一覧

法テラスのデメリットは、以下のような点が考えられます。

  • 任意整理も債権者1社のみの場合は費用が割高。
  • 債務整理の手続き待ちになることが多い。
  • 弁護士との相性が合わないケースがある。

任意整理も費用が債権者1社のみだと高い

債務整理の中でも任意整理を利用する場合、法テラスの費用面のメリットを得られない可能性があります。

債権者が1社の場合、法テラスの費用は着手金が33000円で、実費が10000円の、合計43000円になります。

一般的な弁護士・司法書士事務所の報酬は、相場が4万円〜5万円です。中には、2万円程度で安さを売りにしている事務所もあります。

当センターは、2万円となっております。

ですから、法テラスを利用しても43000円と、相場より高くなってしまう場合があります。

法テラスを利用するなら、債権者が2社以上の場合だと、メリットを得られるでしょう。

債務整理の手続き待ちになることが多い

法テラスでは、無料法律相談は事前予約が必要です。

債務整理に関する相談は、予約待ちが1週間前後かかります。

法テラス宮城については、営業は平日の9〜17時までで、土日及び祝日は営業を行なっていません。

1週間後に無料法律相談を受けて、援助を申請することにしても、その後は利用できるか審査が待っています。

無事審査に通過して弁護士・司法書士が受任通知を債権者に送るのは1ヶ月後になるというケースもあります。

その間は手続き待ちの状態で、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からの督促は続きます。

逆に、個人的に専門家へ依頼する方が、依頼の翌日には受任通知を送ってくれるなど、スピーディーに借金問題を解決することが可能です。

カード会社からの督促もすぐに止まり、安心して日々の生活を送ることができるでしょう。

債務整理の手続き待ちの長さは、法テラス利用のデメリットだと言えそうです。

依頼先との相性は重要

最後に、債務整理を行うにあたり最も重要なポイントです。

債務整理を依頼する弁護士・司法書士が、安心して話せる、信頼できる相手かどうかということはとても重要です。

なぜなら、債務整理の目的は、借金生活から抜け出し、生活を立て直すことです。

どうして借金を重ねてしまったのか分析し、これからまた借金をしないように、債務整理後の生活を描いていなければなりません。

なんでも親身に聞いてくれる、話しやすい弁護士・司法書士であれば、債務整理の手続きをスムーズに進められるだけでなく、債務整理後の生活についても親身に相談に乗ってもらうことができるでしょう。

中には、態度が威圧的な弁護士・司法書士や、本人の希望を言っても自己破産を勧めてくる専門家もいるようです。

弁護士・司法書士も人ですから、相性が良い悪いはあります。

法テラスでは持ち込み方式を利用しない限り、弁護士・司法書士を自分で選ぶ事はできません。

法テラス指定の専門家が、債務整理に強いとは限りません。

自分で選んだ相性の良い専門家に依頼したいのであれば、直接専門家に依頼するか、法テラスなら持ち込み方式を利用すると良いでしょう。

まとめ

  • 法テラスの「民事法律扶助制度」を利用すれば、経済的に難しかった方も法的支援が受けやすくなる。
  • 法テラス宮城で無料法律相談を受け、収入や資産等の条件に合えば、弁護士・司法書士費用の立て替えや手続きの援助を受けられる。
  • 法テラスで債務整理を依頼する場合、法テラス指定の弁護士・司法書士に依頼するパターンと、自分で選んだ弁護士・司法書士に法テラスの利用を持ち込んでもらう「持ち込み方式」のパターンがある。
  • 法テラスが立て替えてくれた費用の立替金は、月々5000円または10000円ずつ分割払いが可能。支払額が一般的な事務所に比べて少なく、債務整理後の生活を立て直しやすい。
  • 任意整理で債権者が1社のケースだと、法テラスの方が相場より費用が高くなる場合がある。
  • 法テラスでは債務整理の手続き待ちになることが多く、時間がかかる。
  • 法テラス指定の弁護士・司法書士は自分で選べず、威圧的な態度の人や相性の合わない人もいるので、持ち込み方式などを利用して、自分で選んだ専門家に依頼する方が何かと安心。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分