(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

任意整理と個人再生の違いとは?迷っている方必見!

司法書士とパラリーガル

「任意整理と個人再生の違いって何なんだろ?」

債務整理には主に任意整理、個人再生、自己破産の3つがありますが、

任意整理と個人再生については具体的にどのようなメリットや効果があるのか?知っているようで知らないという人が多いのではないでしょうか?

実はこの2つは、似ているようで大きく異なる手続きなのです。

今回は任意整理と個人再生の違いや、どの場合なら任意整理・個人再生を選ぶべきなのか?のケーススタディなども、あわせて解説いたします。

任意整理とは

任意整理とは、カード会社と交渉して、利息や遅延損害金の支払いを免除してもらい、なおかつ、返済期間を長くすることができる(およそ5年計画)ことで、毎月の返済額を減額できる、というものです。

もしキャッシングローンで計100万円、他のカード会社からも計200万円、計300万円の借金があり、毎月の返済が困難な状況に陥っている、Aさんがいるとしましょう。

①借金内容

借金

300万円

金利

15%

支払い回数

36

将来金利含めた想定の返済総額

3,743,856

毎月の支払い

103,996

なんと利息分だけで743,8566円もあったのですね。これが任意整理を行いカード会社との交渉が成立すると、下記のようにAさんの借金の状況が変わります。

②任意整理後の借金

借金の総額

300万円
交渉により免除となった部分(将来利息)

金利

0%

交渉前との差分

743,856

任意整理後の

支払い回数

60

(およそ5年計画)

毎月の支払い

50,000

上記の例では、毎月の支払いが103,996円だったのが、任意整理後は、50,000円にまで減額することが出来るわけです。

個人再生とは

個人再生とは、裁判に申し立てをして、借金の総額を約5分の1程度にまで減額してもらった上で、残りの借金を原則3年(場合によっては5年に延期可能)かけて、カード会社に分割で支払っていくことで、借金を整理するというものです。(なお最低弁済額は100万円です)

個人再生は、自己破産のように借金がゼロになる訳ではありませんが、住宅ローン以外の借金が大幅に減額されます。

たとえば、住宅ローン以外にカード会社から800万円の借金をしているAさんがいたとします。

「債務整理はしたいが、住宅は死守したい」と希望しており、個人再生を選択しました。そして裁判所を介して160万円(800万の5分の1)にまで減額することを認めてもらいました。(ただし、住宅ローンはそのまま継続しています。)

①借金内容

借金

800万円

金利

15%

支払い回数

36

将来金利含めた想定の返済総額

9,983,628

毎月の支払い

277,323

個人再生を行うと、下記のようにAさんの借金の状況が変わります。

②個人再生後の借金

借金の総額

160万円
将来利息分は免除の上、元本(800万円)も5分の1にまで減額

金利

0%

交渉前との差分

8,383,628

任意整理後の

支払い回数

60

(およそ5年計画)

毎月の支払い

26,666

毎月の支払いが277,323円だったのが、個人再生後は、26,666円にまで減額することが出来きます。

任意整理を選ぶべきケース

任意整理と個人再生のどちらかを選択できる状況で、任意整理を選ぶのが適切なケースとはどのようなものでしょうか?下記に整理いたします。

家族に秘密で任意整理したい場合

債務整理のうち、「任意整理」の場合は、裁判所を介しません。

借金をした人とカード会社、そして司法書士などの交渉人とのやりとりで完結することができるため、それ以外の者に情報が漏れる可能性が低く、秘密裏に行えます。

ですので、うっかり家に書類を置き忘れて、家族がそれを見てしまった...等のポカがない限り、バレる心配はないでしょう。

対して、個人再生は民事再生法に基づき裁判所を介します。その際裁判所から、書類の提出を求められるのですが、その書類の中には、同居している家族の給与明細なども、含まれています。

なので、提出書類の準備を進める過程で、家族に個人再生の手続きをしようとしていることを、知られてしまう可能性が高いのです。

司法書士事務所に行き来できない場合

足繁く司法書士事務所に行き来ができない状況なら、任意整理がよいでしょう。

任意整理の手続きは簡易なもので、一般的にはカード会社と依頼された専門家が交渉を行い、和解をまとめるだけの手続きとなります。

依頼者が法律事務所へ訪れる回数も1回で済みます。

個人再生の場合は裁判所を介すために複雑な手続きと、法的プロセスが必要で、書類作成の為だけに数回は法律事務所へ通う必要性があります。

もし法律事務所に行き来できない事情があるのであれば、任意整理がよいでしょう。

債務整理の対象から除外したいカード会社がある

債務整理の対象から除外したいカード会社・金融機関があるのなら、任意整理を選ぶしかありません。

任意整理のメリットの一つに、整理する対象のカード会社を選択できる、という点が挙げられます。

このメリットにより、例えば住宅ローンや自動車ローンはそのままの状態で、他の借金を整理することができるのです。

もしこれが個人再生や自己破産だった場合は、住宅ローンや自動車ローンも強制的に整理対象になり、ローンの返済が済んでいない場合は、家や自動車を没収されることになります。

任意整理ではそのような心配をする必要がありません。

なのでもし住宅ローンの返済が済んでいなくても、そのほかのカード会社を対象に任意整理すれば問題解決できる訳です。

個人再生を選ぶべきケース

次に、個人再生を選ぶのが適切なケースとはどのようなものでしょうか?下記に整理いたします。

借金が多額の場合

任意整理と比べると、個人再生の方がはるかに借金の減額率が高いです。

任意整理の場合は、あくまでカード会社との合意が前提なので、カットされるのは借金の利息部分や遅延損害金のみにとどまります。

対して個人再生は、法的な規定によりごっそりと借金が減額できます。

もしあなたに特に財産がない場合は、減額率も規定どおりとなり、借金が5分の1あるいは10分の1にまでなる可能性があります。

借金が多額の場合は個人再生が向いているといえます。

給料差し押さえとなっているケース

個人再生を手続きを開始すると、差し押さえなどの法的手続きも休止になります。

例えば借金の滞納により給料の差し押さえなどを受けているケースでは、個人再生手続きを開始して、手続きが完了しさえしたら、差し押さえられていた給料は戻ってきます。

じつは任意整理にはこのような法的効果はありません。

差し押さえられた分の給料はそのまま取立てが継続されますし、あくまで「話し合い」で解決する手続きなので、相手によっては交渉に応じない可能性もあります。

なので給料の差し押さえになっている場合は個人再生の方が有効といえます。

個人再生の際の司法書士と弁護士の違い

司法書士は、個人再生を依頼を引き受けた際は「書類作成代理人」として業務にあたります。

対して弁護士は依頼主の「代理人」となるという違いがあります。

だからといって司法書士は書類作成の代理しかしない訳ではありません。

書類作成をはじめ、裁判所へ申し立てを行い、免責決定を受けるまでしっかりと依頼主の為に働いてくれます。

個人再生の場合は、裁判官との面談があるケースがあります。(審尋といわれています)

この審尋は裁判官の任意によって行われるのか否かが決まるので、ない場合もあります。この審尋には司法書士は同席できません。

一方で弁護士は代理人として依頼主に付き添うことができます。

この点が司法書士と弁護士の違いとなります。

まとめ

任意整理と個人再生、それぞれにメリットとデメリットがあります。

借金の返済で苦しんでいる場合は、自分の借金の状況を冷静に把握して、適切な手続きを選択する必要があります。

任意整理は「整理対象を選べて、手続きが簡単だけど、借金が大幅に減るわけではない」制度であり、個人再生は「借金は大幅にカットされるが、手続きが大変で全てのカード会社を相手にしなくてはならない」制度です。

もしどちらがよいのか迷っている場合は、一度司法書士などの専門家に相談してください。

  • 任意整理なら家族に秘密で債務整理できる可能性が高い
  • 個人再生では借金をおよそ5分の1程度に減額できる。最低弁済額は100万円。・
  • 任意整理の手続きは簡易なもので、法律事務所への来訪は1回で済む場合が多い
  • 個人再生を手続きを開始すると、差し押さえなどの法的手続きも休止になる

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分 仙台駅からのアクセスはこちらをクリック

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分