(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

1社のみを債務整理することはできるのか?

司法書士とパラリーガル

「債務整理したいが家や車が取り上げられないか心配」
「債務整理して保証人に迷惑がかからないか不安」

などと、財産を失うことや保証人に迷惑をかけてしまうことを案じて、債務整理に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

原則として、借金の一部のみを切り取って債務整理することはできません。

しかし返済することができなければ、借金は利息などにより無慈悲に膨らんでいくばかり。

例えば2社に借金をしていて、ローンの返済のみを続けたい場合など、1社のみを債務整理するにはどのような方法を取ればよいのでしょうか?

司法書士の視点からお答えいたします。

原則として1社のみ債務整理することはできない

債権者平等の原則

債務整理とは、国が定めた借金の問題を解決するための法的な制度のことです。

この制度はお金を貸した側・借りた側が平等であるという決まりに従っています。

なぜそのような決まりがあるかというと、A社とB社からお金を借りている人が債務整理を行った場合、A社は返済を受けB社は返済されないとなると不公平だからです。

返済は平等に行われるべきなので、債務整理を一部のみに絞ることができないのです。

これを「債権者平等の原則」といいます。

裁判所を介して行う手続きは平等性が重視される

特に裁判所を介して行う個人再生と自己破産は上記で説明した平等性が重要視されているので、一部の借金を対象から外すことが難しいのです。

しかし例外もあります。裁判所を介さない「任意整理」という手続きは、債務整理の対象を1社のみにするなど、その対象を選ぶことが可能です。

以下、1社のみを債務整理することについて詳しく説明していきます。

任意整理なら対象を選べるので、1社のみ債務整理することができる

任意整理とは

任意整理とはお金を貸し借りしたもの同士で返済方法などを交渉していく手続きのことです。

基本的には依頼を受けた司法書士や弁護士などの専門家が交渉を行います。

任意整理することにより、将来かかる利息をカットし、元本のみを3~5年かけて返済することが可能です。

任意整理には平等性が求められないのか

任意整理にも平等性が求められますが、あくまでも私的な交渉なので、応じるかどうかはお金を貸した側の自由です。

貸し手側に損がありそうなのになぜ交渉に応じるかというと、貸した相手が自己破産などで財産を全て失って返済を受けられなくなるよりも、和解して元本だけでも返済を受けるほうが損する金額が少ないと判断する可能性があるからです。

任意整理なら家や車を残せる

住宅や車にローンがある場合、自己破産などの債務整理を行うと家や車を失ってしまう可能性があります。

複数からお金を借りている場合、ローンを債務整理の対象から外すことで、家や車をそのまま所有することができます。

ただし、きちんとローンを返済できることが条件です。

任意整理なら保証人に迷惑をかけるリスクが低い

任意整理では対象を選ぶことが可能なので、保証人付きの借金を対象から外すことができます。保証人に迷惑を絶対かけたくないという人におすすめの手続きです。

任意整理ならクレジットカードを残せる

クレジットカードを債務整理の対象から外すことで、次回更新時までカードがそのまま使える可能性が高いです。

任意整理の注意点

任意整理には注意点もあります。過払金請求のみを対象として任意整理した場合、その他の借金の返済ができなくなってしまった場合自己破産に頼らざるを得ない場合があります。

また、任意整理で過払金が戻ってきたあとその他の借金先の返済ができなくなった場合、過払金が資産とみなされ、自己破産を受けられなくなってしまいます。

このような状況を防ぐために、任意整理でもその対象を一部のみに絞ることは禁止されていますが、すでに説明したとおりあくまで私的な交渉となるので、相談に応じてくれる司法書士や弁護士は必ずいます。

まずは無料相談などを利用してみましょう。

個人再生の場合、1社のみ債務整理することはできないが、例外がある

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に頼んで借金を大幅に減らしてもらう手続きのことです。

この手続きは借金の全てが対象になるので、1社のみを債務整理することはできません。

しかし、例外が1つだけあります。それは住宅ローンです。

「住宅資金貸付条項」というお金を借りた側の持ち家を守るための制度があるため、ローンのある家は残すことができるのです。

自己破産の場合、1社のみ債務整理することはできない

自己破産とは

自己破産とは裁判所に頼んで財産を全て返上し、借金を全額なくしてもらう手続きのことです。

この手続きを受けるには借金を払う能力が完全にないということが条件です。

1社のみ債務整理の対象から外して返済をしてしまうと自己破産を受けられなくなる可能性があります。

自己破産の詳細はこちら

まとめ

  • 借金の整理対象を1社だけに絞ることは原則できないが、個人再生や任意整理などでは例外もある。
  • 任意整理なら1社のみ債務整理することができる。
  • 任意整理は対象を自由に選べるので、財産を失ったり保証人に迷惑をかけるリスクが低い
  • 個人再生は住宅ローンのある借金のみ対象から外すことができるので、家を残すことができる。
  • 自己破産は1社のみ債務整理することはできない。

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分