(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士事務所

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

債務整理するとパスポート取得の申請はできないのか?

司法書士とパラリーガル

「債務整理するとパスポートが作れないのではないか」
「債務整理するとパスポートを返上しなくてはいけないのではないか」

など、海外に行く機会がある方で債務整理を検討している場合、パスポートについて気になってしまいますよね。

債務整理をすると、決められた期間はクレジットカードを作れなくなる、などの制限がかかることもあります。

パスポートに関しても、債務整理すると取得することができなくなる、などと耳にしたことがあるかもしれませんが、それは違います。

債務整理しても、パスポートは取得できます。

しかし、いくつか頭に入れておかなければいけない注意点もあります。

債務整理とパスポートについて、司法書士の視点からお伝えしたいと思います。

パスポートの取得条件と債務整理の関係性は?

旅券法に債務整理のことに関する記載はない

パスポートは旅券法という法律に従って発行されます。

旅券法第13条に、パスポートの発行が禁止・制限されるケースについて定められていますが、債務整理した者がパスポートが取得できないという記載はありません。

債務整理をしても、パスポートの取得には関係がありません。

債務整理してもパスポートが取得できるなら、海外にいくことは可能?

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産・過払金請求などの種類があります。

債務整理しても海外に行けるのか、今回は任意整理と自己破産を例にして説明していきます。

任意整理

任意整理はお金を借りた相手と直接話し合い、今後の返済計画を決める手続きです

将来かかる利息をカットしてもらえたり、長期の分割払いにしてもらえたりします。

一般的に依頼を受けた司法書士などの専門家が手続きを行います。

返済計画がきっちりと進んでいるのなら、海外へ旅行などに出かけても問題はないでしょう。

任意整理では、「未払いが2ヶ月を超えた場合は残額を一括請求する」というような契約になっていることがほとんどです。

旅行に行く前にきちんと自分の経済状況を把握し、返済に支障がでない程度の出費になるかなどを入念にチェックする必要があります。

自己破産

自己破産には2つの種類があります。

同時廃止と破産管財です。

聞き慣れない言葉なのでピンとこないですよね。

大まかに説明すると、同時廃止はお金を借りた相手に返す財産が何もない人が行う自己破産です。

破産管財は残っている財産をすべて現金に換えてお金を借りた相手に返す必要がある人が行う自己破産です。

ほとんどの人は同時廃止を利用しますが、少数いる破産管財を利用する人にはパスポート取得に関係する居住地についての制限があるのです。

破産法という法律により、自己破産の手続き中は今いる住居を離れることは許されていないのです。

そのため、裁判所の許可がなければ引越しや、海外に行くことが難しくなります。

つまり、破産管財を利用した場合で自己破産の手続き中は、パスポートの取得はできるが、海外に行くことは制限がかかるのです。

自己破産手続きが終わった場合と、裁判所の許可がある場合は、制限はありません。

債務整理中のパスポート取得って印象悪い?

債務整理中はパスポートを取得しないほうが無難

すでに説明したとおり、債務整理とパスポートは関係はありません。

しかし、注意していただきたいことがあります。

債務整理しているということは、借金返済が難しいということ。

借金を減らしてもらったり、借金自体を無くしてもらえるように、お金を借りた相手や裁判所に「お願い」しているという立場にいます。

そのような状況でパスポートを取得するのは、海外に行く余裕がある、という風に捉えられ、良い印象を与えませんよね。

海外に住む身内に何かあるなど不測の事態や、仕事でどうしても行かなければいけない、などの事情を除いては、債務整理中のパスポート取得は、やめておいたほうが無難かもしれません。

まとめ

  • 債務整理してもパスポートの取得申請はできる
  • 任意整理中に海外に行くことはできるが、返済計画はきちんと守ること
  • 自己破産の管財事件を利用する場合パスポートの取得は可能だが手続き中に海外に行くことは難しい
  • 債務整理中にパスポート取得はしないほうが無難

パスポートといえば国籍などの身分に関する情報が載っている重要なもの。

借金整理のために債務整理するとパスポート取得の申請ができるのか不安に思うものですよね。

しかし実際は債務整理することとパスポート取得の申請はあまり関係がないのです。

とは言っても、債務整理するなら借金の返済が優先されるべきなので、海外旅行に行って返済ができなくなる、なんてことにならないようにしましょう。

できれば、債務整理が終了し、借金も完済した後がよいですよね。

少しでも早く借金を完済したいという方は、ぜひ司法書士事務所などの無料相談を利用してみてはいかがでしょうか?

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分