(相談無料)仙台市で債務整理経験豊富な司法書士なら【仙台】債務整理相談センターへ

【仙台】債務整理相談センター 

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
(仙台駅から徒歩5分)
運営:稲辺司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~17:30
定休日
土日・祝日
 

※ご予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-223-058

メールでのご相談は24時間お気軽に!

奨学金を債務整理すると保証人に請求が行くって本当?

司法書士とパラリーガル

「奨学金も債務整理の対象にできるの?」
「連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理をする方法は?」

大学や大学院へ進学する際に利用する奨学金の返済が困難になった場合、債務整理で解決をすることは可能なのでしょうか。

奨学金も借金の一種なので、債務整理の対象に含めること自体は可能です。

しかし、奨学金は他の借金と異なり、連帯保証人がついていることが多いため、債務整理をすることによってさまざまな問題が生じる可能性があります。

本ページでは、奨学金と連帯保証人の仕組みや、連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理を行う方法についてご説明します。

奨学金には連帯保証人がつくことが多い

大学・大学院の進学の際に利用される奨学金には、連帯保証人がつくことが多いです。

連帯保証人とは、お金を借りている本人が借金を返済できなくなったときに、肩代わりし、代わりに返済する義務を負う人のことをいいます。

一般的なカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からの借金では、連帯保証人を立てずにお金を借りることができる場合が多いですが、奨学金を利用する際は学生が借金をするという都合もあり、連帯保証人を立てなければお金を借りることができない場合が多いです。

この場合の連帯保証人は、両親や親族であることが多いでしょう。

連帯保証人のつかない奨学金もある

前述の通り、奨学金の多くは両親・親族など連帯保証人を立てる必要があります。

しかし、近年は奨学金にも連帯保証人を立てずに借りることができる「機関補償制度」が導入されるようになりました。

機関補償制度とは、連帯保証人の代わりに「公益財団法人 日本国際教育支援協会」という機関が保証してくれる制度です。

もし、あなたが奨学金の返済ができなくなった場合、この機関が一時的に借金を肩代わりしてくれることになり、その後は日本国際教育支援協会から残りの返済を請求されることになります。

機関補償制度を利用する場合、連帯保証人を立てる場合とは異なり、返済時に保証にかかる料金を上乗せして支払っていくことになります。

奨学金を債務整理の対象の含めると借金の請求は保証人へ行く

債務整理とは、任意整理・個人再生・自己破産など、借金の負担を軽減するための制度のことをいいます。

効果は手続きによって異なりますが、利息が免除されたり、元本が圧縮・免除されたりします。

しかし、連帯保証人のいる借金を債務整理すると、利息や元本の免除・圧縮はなく、借金の全額が連帯保証人に一括請求されてしまいます。

そのため、あなたが連帯保証人のついた奨学金を債務整理の対象に含めると、利息も元本もまるごと連帯保証人に一括請求されることになるのです。

連帯保証人が奨学金を返済できない場合は?

あなたが奨学金を債務整理し、連帯保証人に残高の一括請求が行われた場合、その金額が高額なときや、連帯保証人の収入が不十分なときには、連帯保証人が返済できないこともあるでしょう。

このような場合、連帯保証人も債務整理を検討することになります。

このように、あなたが奨学金を債務整理したことで、連帯保証人に多大な迷惑がかかることが想定されます。

保証人に迷惑をかけずに債務整理を行う方法は?

奨学金を含めた借金の返済が困難で債務整理を検討する場合、「できれば連帯保証人には迷惑をかけたくない」と考えている人も多いでしょう。

そのような場合は、まず任意整理を検討することをおすすめします。

任意整理なら奨学金を除外して債務整理が可能

任意整理とは、司法書士・弁護士とカード会社が直接交渉によって行う債務整理で、利息の免除や支払い期間の延長が可能です。

任意整理は、裁判所を通さずに行う債務整理なので、対象とする借金を自分で選ぶことが可能です。

のため、奨学金以外の借金を任意整理することで、借金全体の負担を軽減し、奨学金を無理なく返済できる可能性があります。

ただし、任意整理は債務整理のなかでも効力が弱く、利息の免除は可能でも、元本の圧縮・免除はできません。

そのため、「利息が免除されたくらいでは借金の完済は難しい」という人の場合、個人再生や自己破産などその他の債務整理を検討する必要がありますので、ご注意ください。

奨学金制度そのものの救済措置を利用する手段もある

また、奨学金を貸し出している機関では、返済に苦しむ人のためにさまざまな救済措置が用意されています。

債務整理を検討する前に、このような救済措置の利用を検討するのもよいでしょう。

日本学生支援機構の場合、以下のような制度が用意されています。

<日本学生支援機構の奨学金返済救済措置>

  • 減額返金制度……毎月の返済額を半額にし、返済期間を伸ばす。
  • 返還期限猶予制度……最長12ヶ月の返済猶予を受ける(10年まで延長可能)。
  • 所得連動返還型無利子少額制度……就職してから年収が300万円に達するまで、返済の猶予を受けられる。

以上のような救済措置は、利用するためにさまざまな条件がありますので、利用を検討する際

はご注意ください。

奨学金の返済に困ったら司法書士・弁護士に相談

以上のように、奨学金を連帯保証人に迷惑をかけずに返済したいという場合、司法書士・弁護士に相談してみるのもよいでしょう。

債務整理に詳しい司法書士・弁護士であれば、あなたの収入や借金の状況に応じて、債務整理の提案やアドバイスを行ってくれるはずです。

まとめ

■奨学金には連帯保証人がつくことが多い
・連帯保証人とは、借金を借りた人が返済できなくなったときに肩代わりする義務を負う人のこと
・機関補償制度といって保証人のいない奨学金もある

■保証人のいる奨学金を債務整理すると……
・借金の請求が連帯保証人に行ってしまう
・連帯保証人が返済できない場合、連帯保証人も債務整理を行う必要がある

■保証人に迷惑をかけずに債務整理を行う方法は?
・任意整理で奨学金以外の借金を解決することにより負担を軽減する
・債務整理のほか、奨学金を貸し出している機関の救済措置も検討するとよい

債務整理の関連トピック

債務整理のことなら【仙台】債務整理相談センターにお任せを!

受付の女性

お電話でのご相談はこちら

0120-223-058

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~17:30
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【仙台】債務整理相談センター
運営:稲辺司法書士事務所
宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル4F
仙台駅から徒歩5分

無料相談はこちら

【仙台】債務整理相談センターが入っているビル
当センターはシエロ仙台ビルの4Fです。

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-223-058

Menu

【仙台】債務整理相談センター

事務所玄関
お電話でのお問い合わせ
0120-223-058
メール問い合わせ
運営事務所

稲辺司法書士事務所

住所

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-5-31シエロ仙台ビル4F
仙台駅西口から徒歩5分